足の向くまま、気の向くまま がんばらずに前を向いて歩こう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





映画 『大奥』を観ました

「大奥」

を観ました。

本屋さんに行くと平然と並んでいるBL(ボーイズラブ)物。

そいういうのが好きなレディのことを「腐女子」と呼ぶそうです。

そういえば昔「BL!BL!」と狂喜乱舞していた後輩元気かなぁ~

と思ってたらこの前電話がかかってきて「BLはどう?卒業した?」と聞くと、

「BLは卒業するもんじゃないです。常にそこにあるものです」と諭されました。

うーん奥が深い。入り込むつもりもないけど。

 

大奥

→「大奥」のオフィシャルサイト


あらすじ↓(ネタバレを含むので見たい人はドラッグして反転させてください)
正徳6年。謎の疫病で男子が激減し、男女の役割は逆転、将軍職も女子によって引き継がれている江戸時代。女人禁制の大奥では、3000人の美男が、将軍の寵愛を勝ち取るべく熾烈な競争を繰り広げていた。そんな大奥に足を踏み入れた青年、水野祐之進。この時代にあっても武士道を追い求める希有な彼は、困窮する家を救うため、そして身分違いゆえに叶わぬ幼なじみ・お信への愛を断ち切るため、大奥への奉公を志願したのだった。水野が大奥へあがって間もなく、八代将軍徳川吉宗が誕生する。不況の世を憂う吉宗は、質素倹約を進め、政治の大改革を断行していく。そんな中、吉宗初の大奥へのお目見えとなる“総触れ”の日を迎えるが…。

2010/10/01公開
監督:金子文紀 脚本:高橋ナツコ
原作:よしながふみ 『大奥』
出演:二宮和也、柴咲コウ、堀北真希、大倉忠義、中村蒼、玉木宏、
    倍賞美津子、竹脇無我、和久井映見、阿部サダヲ、佐々木蔵之介 他

今回のあらすじ~♪
時は江戸、徳川の時代。
男だけがかかり死に至る疫病が流行り、多くの男が死に、
男性の人口は女性の4分の1にまで減り、重要な要職には女が就き、
男が体を売るという男女逆転の時代の話。
大奥もまた一人の女将軍に対し、300人の美男子が仕えるという状態に・・・
というお話。

これまたマンガが原作の実写映画。
本来ドキッ!女だらけの大奥が、
男だけがかかる疫病のせいでイケメンパラダイスになったという舞台設定。
やりようによっては「花ざかりの君たちへ」みたいにドタバタラブコメでもおかしくないですが、
内容は割とシリアス
上映時間を長くしてもいいから描写を細かくして欲しかったです。
なぜ二宮さん演じる主人公がなぜ大奥に行く決意をしたのかよくわからないですし、
堀北真希さん、柴咲コウさんとの恋愛パートがあっさりしていて残念でした。

それとちょっと爽やかすぎたかな?
男だからといっても、もっとドロドロしてもいいと思う。
BL色も抑えめで爽やか。映画なんだからもっとドロドロ・・・
 
主役の二宮さんの演技はなんの問題も不満はないんですが、
今回の主役のキャラには合っていないと思う。
玉木宏さん、佐々木蔵之介さんと並ぶとどうしても幼い印象を受けてしまいました。
柴咲コウさんの女吉宗公は痛快で当たり役だと思う。

と、ちょっと悪い印象ばっかり並んじゃいましたが、
映画全体としての雰囲気は面白かったです。物足りなかったけど。
時代劇というよりはSFとして楽しんだほうが違和感なく観られるかも。
個人的にはいろいろと『惜しい』作品でした。

60点



↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





映画 『BECK』を観ました



↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





映画 『ベスト・キッド』を観ました

「ベスト・キッド」

を観ました。

皆さんオヒサシブリデース♪

だんだん秋っぽくなってきましたね。

残暑が長引くせいで『今年は秋がなくなる』という、

良純の言葉に騙されそうになりましたが、

なんとか「食欲の秋」を堪能できそうです。

・・・・・・┃電柱┃_・)ジー

あ、体重計がこっち見てる・・・

全力で見なかったことにします!

勝手に評価 ★★★★☆(4.5) 

ベスト・キッド

→「ベスト・キッド」のオフィシャルサイト


あらすじ↓(ネタバレを含むので見たい人はドラッグして反転させてください)
父を亡くした少年ドレは、転勤する母に連れられデトロイトから異国の地、北京へと移り住むことに。言葉や文化の違いに戸惑いつつも近所の美少女に心ときめかせるドレ。ところが、同じ学校に通ういじめっ子のカンフー少年チョンの標的になってしまう。そんなある日、いつものようにいじめられていたドレは、アパートの管理人ハンに助けられる。彼がカンフーの達人と知ったドレは教えを請うことに。そして、来たるカンフー大会でのチョンとの決戦に向け、修行に励むドレだったが…。(allcinemaより参照)

2010/08/14公開
監督:ハラルド・ズワルト 脚本:クリストファー・マーフィー
出演:ジェイデン・スミス、ジャッキー・チェン、タラジ・P・ヘンソン
    ハン・ウェンウェン、ワン・ツェンウェイ、ユー・ロングァン 他

今回のあらすじ~
映画の中では母子家庭のドレ君。
お母さんの仕事の関係でデトロイトから北京へお引越し。
不満を隠せないドレ君ですが、案の定近所の美少女とロマンス・・・
と思いきや、カンフー少年率いるいじめっ子集団に目をつけられボコボコ
それを見かねた、アパートの管理人ジャッキー・チェンがドレにカンフーを・・・
ってなお話。

80年代に大ヒットした「ベスト・キッド」のリメイク。
主演はウィル・スミスの息子のジェイデン・スミス君。
「幸せのちから」でジェイデン君を観たときはまだ幼かったのに、
もうこんなに成長してるなんて時の流れは恐ろしかとか思ったり。

リメイク前の「ベスト・キッド」はうろ覚えですが1回見たことがあります。
調べてみて初めて知ったんですが、続編が出ていてて、
女の子が主人公の「ベスト・キッド4」もあるみたいです。
「2」以降の評価はあんまり良くないみたいですが・・・

さて、今回の「ベスト・キッド」ですが、『後半良ければ全てよし』でした。
正直、前半の主人公の少年が親の都合で北京に引っ越しになり、
友達もできてヒロインも出てきて順風満帆かと思いきや、
いかにも生意気ないじめっ子が出てきてフルボッコ。
なんとかやり返そうとしても相手はカンフーを習っているからフルボッコ。
正直前半は観ていて楽しい内容ではないです。

この前半は言わば長い前フリ。
ジャッキーがカンフーを教え初めてからがこの映画の本編です。
主演のジェイデン君も表情豊かで魅力的。
表情の作り方がお父さんにそっくりで笑っちゃいました。
ジャッキーも年齢を感じさせないアクションを見せてくれます。
にしても今までジャッキー=主役だったのが、今作は主人公の師匠。
ジャッキーが見守る役回りになっていて時の流れを感じます。

アクション自体は控えめ。
少年がカンフーを一から学び体得していくのがメインだから仕方がないです。
ストーリーはワンパターンというか王道まっしぐら。
でも良いストーリーなので観ていて楽しい。
わかりやすい内容なので、家族向きです。
エンドロールに撮影風景の写真が一緒に流れるんですが、
主演のジェイデン君といじめっ子役のワン君が仲良く笑い合ってる写真が印象的でした。
ウィル・スミスの親バカっぷりはいらなかったかな。

リメイク前の「ベスト・キッド」みたいに続編出るかもです。
観たいような、このままキレイな形で終わってほしいような・・・

80点



↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





男は狼 『ルー=ガルー』を観る

「ルー=ガルー」

を観ました。

『ルー=ガルー』とは、おフランスの言葉で「人狼(狼男)」のことらしいです。

そういえば「男は狼なのっよ~ 気をつけなさ~い~」と、

先日「解散やめ!」宣言をしたお二人が歌ってましたが、

「草食男子」とかいう言葉が飛び交う今、

【狼】な人は何人ぐらいいるんですかね。

え?僕ですか?

もちろん僕は狼・・・でありたいと心で願うパグです。

以前、友達に「雑食男子」と言われたことがあります

好き嫌いはよくないですからね♪

あ、別に女性でも男性でもOKという意味ではないのであしからず・・・

勝手に評価 ★★☆☆☆(2.0) 


ルー=ガルー
→「ルー=ガルー」のオフィシャルサイト


あらすじ↓(ネタバレを含むので見たい人はドラッグして反転させてください)
近未来の日本。生徒たちはモニタで厳重に監視され、安全を守られていた。学校は廃止され、生徒たちは家庭のモニタで学習を行い、週に1度だけ、“リアルコミュニケーション”研修のためにセンターに通う。そして必要があれば、カウンセラーのカウンセリングも受けられた。引っ込み思案な14歳の少女・葉月と、同じクラスに転入してきた少々変わり者の歩未。14~15歳の少女ばかりを狙った連続殺人事件が起きる中、失踪したクラスメイトの行方を追う2人は、天才少女の美緒と彼女の幼なじみで管理システムの外に生きる未登録住民の格闘少女・麗猫と知り合い、協力して事件の謎に迫っていく。一方、カウンセラーの静枝は、事件を担当する刑事・橡に協力して捜査に関わっていくが…。(allcinemaより参照)

2010/08/28公開
監督:藤咲淳一 原作:京極夏彦『ルー=ガルー 忌避すべき狼』
脚本:後藤みどり、ハラダサヤカ
声の出演:沖佳苗、五十嵐裕美、井上麻里奈、沢城みゆき、
       植竹香菜、青山譲 他

今回のあらすじ~
舞台は近未来の日本。
合成食品により食糧問題が解消され、
企業によって全ての生活が管理される世界。
モニター越しのヴァーチャルな接触に慣れきった少女たちが、
連続少女殺人事件に巻き込まれ・・・
ってな話

基本、京極夏彦さんの本はこれでもかっていうぐらいブ厚いんだから、
99分でまとめようというのが土台無理というか難しい話なんですよ。
だからこんな体にやさしい薄味仕上げになるんです。

部分部分に好きな演出は入ってるけど、
回収しきれてない伏線や、矛盾が気になって気になって
おまけになんかキャクターデザインが中途半端な感じがして、
なんだかな~(Vo.阿藤快)と思いながら観てました。

あとガールズバンドのSCANDALとコラボしてるというのもウリでしたが、
劇中では昔のバンドとして登場し、
そのマネを主人公たちがやろうという流れになるんだけど、
別に物語に絡んでこないし・・・・・・
コラボしていなくても物語上なんの問題もない扱い。
劇中歌、エンディングテーマは歌ってたけどね。

事件が解決してもミステリーなのに解放感が薄いのも残念。
かなりライトすぎる一品なので、
暇つぶしに、DVDで、レンタルで観たらいいと思うよヽ(´・ω・`)ノ

20点・・・



↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





髪ファッサァ 『魔法使いの弟子』を観る

「魔法使いの弟子」

を観ました。

「30歳まで○○だったら魔法使いになれる」

というのは有名な(都市)伝説・・・でもないか。

知らない人は『30歳まで 魔法使い』でググって見てください。

ちなみにその条件をクリアーして魔法使いになったら使える魔法の一覧
http://anond.hatelabo.jp/20071119014126

30前ですが、「コンフュ」「マヌーサ」「トラマナ」あたりなら使えそうな気がする・・・


勝手に評価 ★★★☆☆(3.5) 


魔法使いの弟子
→「魔法使いの弟子」のオフィシャルサイト


あらすじ↓(ネタバレを含むので見たい人はドラッグして反転させてください)
太古より人間の知らないところで魔法使い同士の戦いが繰り広げられていた。今は亡き善なる魔法使いマーリンの弟子バルサザールは、恋人の魔法使いヴェロニカの犠牲により、1000年以上に渡りどうにか幽閉している邪悪な魔法使い“モルガナ”にとどめを刺し、戦いを終わらせることができるマーリンの後継者となる“選ばれし者”を探していた。ところが現代のニューヨークで、ついに見つけた“選ばれし者”は、テスラコイルの研究に没頭する気弱な物理オタクの大学生、デイヴだった。バルサザールは混乱するデイヴを強引に自分の弟子にして、彼の秘めたる力を覚醒させるべく特訓を開始するが…。(allcinemaより参照)

2010/08/13公開
監督:ジョン・タートルトーブ
脚本:ダグ・ミロ、カルロ・バーナード、マット・ロペス
出演:ニコラス・ケイジ、ジェイ・バルシェル、アルフレッド・モリナ、
    テリーサ・パーマー、モリカ・ベルッチ 他

今回のあらすじ~♪
大昔から続く、良い魔法使いと悪い魔法使いの争い。
長い時を生きる魔法使いバルサザールさんはずっと“選ばれし者”を探索中。
現代のニューヨーク。
やっとの思いで見つけた“選ばれし者”は気弱で冴えない物理オタクだから困った困った。
ってな話

今回観たのは吹替版。

「魔法でドンパチ」

これに胸が踊らない男は男じゃない!
(断言)
はい、独断と偏見です。
ファンタジー大好きな僕としてはこの手の映画は大好きです。

この映画、あんまり宣伝されていないというか認知されていない気がします。
ディズニーでニコラス・ケイジなのに。
ファンタジー=ニコラス・ケイジという印象があんまりなかったんですが、
なかなかどうしてちょいワルおやじな魔法使いでした。

個人的な好みから言うと、もっと魔法を使った戦いが見たかったですね。
物語の流れ上、魔法の「ま」の字も知らなかった青年が、
魔法使いの弟子となり成長するお話なのでそれは仕方がないです。

主演ニコラス・ケイジになってますが、
実質的な主役は冴えない青年ジェイ・バルシェル。
『冴えない青年』というイメージにぴったりな俳優さんで、
彼が主役で映画的にはどうよ?と心配するほど冴えません。
それが物語終盤になるとカッコよく見えるから不思議です。
あとニコラスさんの髪はファッサァとなびいています。
アデランスもびっくりです。

必殺技がかめはめ波だったりΣ(-∀-;) ツッコミどころはあるものの、
あの有名な『ほうきたち掃除道具が魔法で掃除』の実写版も見れましたし。
けっこう楽しめました。
気軽に楽しめるファミリー・ファンタジーです

ちなみにエンドロール後、ちょっと続きがあります。
ということは続編も・・・?

80点



↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
カテゴリー
プロフィール

ジュン

Author:ジュン
パソコンインストラクターやってます。
いつも前向きな気持ちで日々精進!!

→マイプロフ

最近の記事
映画生活
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PING送信
RSSフィード
リンク
あし@
edita
edita.jp【エディタ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。