足の向くまま、気の向くまま がんばらずに前を向いて歩こう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





4人の王と王子様とライオン 『ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛』

魔法ってよく考えなくても反則ですよね、

いろんな意味で・・・・・・

というわけで、

「ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛」

を観ました。

原題:THE CHRONICLES OF NARNIA : PRINCE CASPIAN
公開日:2008/5/21
上映時間:150分
監督:アンドリュー・アダムソン
原作:C.S.ルイス
脚本:アンドリュー・アダムソン、クリストファー・マルクス、
スティーヴン・マクフィーフィー
撮影:カール・ウォルター・リンデンローブ
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
出演:ベン・バーンズ、ジョージ・ヘンリー、スキャンダー・ケインズ、
ウィリアム・モーズリー、アナ・ポップルウェル、
ピーター・ディンクレイジ、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、
セルジオ・カステリット、ワーウィック・デイヴィス、コーネル・ジョン、
ヴィンセント・グラス、ダミアン・アルカザール、シェーン・ランギ 他
声の出演:リーアム・ニーソン、ケンストット、エディ・イザード 他

ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛 ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛

魔法vs人間--引き裂かれる心。

→「ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛」のオフィシャルサイト



↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





C.S.ルイスの名作児童文学を映画化した、
ファンタジーアドベンチャーのシリーズ第2作目です。
舞台は前作から1300年後のナルニア。
侵略者の手によって滅ぼされたナルニア国を救うため、
敵国の王子と再びナルニアにやってきた4人の王が立ち上がります。
監督は前作に引き続き「シュレック」のアンドリュー・アダムソン。
今回重要な鍵を握る「カスピアン王子」に大抜擢されたベン・バーンズさんは、
2010年公開予定の次回作、
第3章 朝びらき丸 東の海へ(仮題)での出演も決定しています。

2005年に公開された第1章ライオンと魔女において、
ライオンの姿をした偉大なる王アスランと“伝説の4人の王”ペペンシー4兄妹によって、
白い魔女から春を取り戻し、ナルニア国を平和に導いてから1300年。
ナルニア国は隣国テルマールに侵略され、
生き残ったナルニアの民は深い森の中に追いやられるように生活をしていました。

そんな中、先王亡き後摂政として国の実権を握っていた弟のミラースは、
自らが王になるため、我が子を王にするため、
先王の息子であるカスピアン王子の暗殺を計画します。
危機一髪難を逃れたカスピアン王子ですが、追っ手が迫り絶体絶命。
追い詰められたカスピアン王子は“伝説の4人の王”を呼ぶと言われている角笛を吹いたのでした。
角笛の音色は時空を越えて遥か彼方あの4人が暮らすイギリスへ・・・
というお話。

結構ボリュームがあって、見ごたえのある作品に仕上がっていました。
なにより、前作での4人の子供たちの成長が感じられて満足です!
特に次男の“正義王”ことエドマンド。
前作では敵に利用されたりと弱い部分が前面に出ていましたが、
今作ではちょっと大人になって、お兄さんを支えます。
こういう子供の成長が感じられるシリーズ物っていいですね。
それに比べて、カスピアン王子は重要な役どころのはずなのに、
いま一つ自分の中ではしっくりきませんでした。
すっごくかっこいいのは認めるんですけどね・・・。
第3章にも出演が決定しているので、次回に期待です。

今回は主役はカスピアン王子かと思いきや、けっこうあやふやだったりします。
もちろんカスピアン王子のときもあったり、“英雄王”ピーターだったり、
ライオン君が美味しい所もっていったり(笑)
はっきりしないので感情移入がしにくいところはあります。
あと、スーザンさん強すぎです・・・。
遠くの敵には矢を放ち、接近戦では弓でなぎ払う一人前の戦士でした。

前回の敵は“魔女”というファンタジー色が強いものでした。
今回は“人間”が相手。
「戦争」という意味合いが前面に出てくる感じにはなりましたが、
結果、空想と現実が対立する世界観がおもしろかったです。
ファンタジー要素が薄くなっていますが、
その分アクション性が強いものになっていました。
まぁ、後半はファンタジー全開なんですが・・・。
とはいえ、ただのファンタジー映画とはちょっと違う、
いい意味でドロドロした人間ドラマなんかが混じっていて予想外に良かったです。
でもこれ元は児童文学なんですよね?
子供の目にこの映画がどう映るかちょっと気になるところではあります。

少なくとも、前作よりは見ごたえあります。
前作でちょとがっかりした方も、あきらめずに(?)観てみてはいかがでしょうか?

ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛 オリジナル・サウンドトラックナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛 オリジナル・サウンドトラック
(2008/05/21)
サントラレジーナ・スペクター

商品詳細を見る
ナルニア国物語カスピアン王子の角笛 (ナルニア国物語文庫 映画版 2)ナルニア国物語カスピアン王子の角笛 (ナルニア国物語文庫 映画版 2)
(2008/05)
間所 ひさこ

商品詳細を見る
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カスピアン王子

『ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛』ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛 観て来ました カスピアン王子の国ナルニア国物語「第2章カスピアン王子の角笛」公開中『ナルニア国物語/第2章 カスピアン王子の角笛』 アンドリュー・アダムソン監督インタ?...

カスピアン王子

ナルニア国物語・第2章カスピアン王子の角笛叔父に殺されそうになったカスピアン王子が、森に逃げ込んで伝説の角笛を吹くとベベンシー4兄妹がやってくるというお話だ。 これは、はっきり言って子供向きの映画だ。2時間半近い上映時間は、脚本がいいので飽きることはない。...
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
プロフィール

ジュン

Author:ジュン
パソコンインストラクターやってます。
いつも前向きな気持ちで日々精進!!

→マイプロフ

最近の記事
映画生活
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PING送信
RSSフィード
リンク
あし@
edita
edita.jp【エディタ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。