足の向くまま、気の向くまま がんばらずに前を向いて歩こう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





地球最後??? 『アイ・アム・レジェンド』を観る

わたしは伝説です・・・。

ふーん。

というわけで、

「アイ・アム・レジェンド」

を観ました。

地球最後の男に希望はあるのか。


原題:I AM LEGEND
公開日:2007/12/14
監督:フランシス・ローレンス
原作:リチャード・マシスン
『地球最後の男(別題:アイ・アム・レジェンド)』
脚本:マーク・プロトセヴィッチ
アキヴァ・ゴールズマン
撮影:アンドリュー・レスニー
音楽:ジェームズ・ニュート
ン・ハワード
出演:ウィル・スミス、アリシー・ブラガ、ダッシュ・ミホク、
チャーリー・ターハン、サリー・リチャードソン 他


→「アイ・アム・レジェンド」のオフィシャルサイト




↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





リチャード・マシスンの『地球最後の男』をウィル・スミス主演で映画化。
人類が滅亡してしまった近未来を舞台にしたSFアクションです。
ウィル・スミスは生き残った科学者。
無人と化したニュー・ヨークで一人、人類再生のために研究を続けています。
何が地球に起こったのか?本当に彼一人しか生き残っていないのか?
など謎を含んだ幕開けです。
監督は「コンスタンティン」のフランシス・ローレンス。

まあ、月並みに平たく言ってしまえば「バイオ・ハザード」的な“ノリ”です。
時は2012年、無人のニューヨークを車で爆走するウィル・スミスから始まります。
ところどころに過去を匂わす描写が入ってきて、
何が起こったのかが徐々に輪郭がはっきりとしてくるのですが、
なんだか後半はやっつけ仕事のように感じてしまいました。
断片的な情報のみで、詳しい説明は一切無し。
科学的根拠も登場人物の行動原理もあいまいなまま。
それゆえにツッコミポイント満載です(笑)

前半は結構ハラハラドキドキなんですよ。
特に、明かりのない廃ビルの中へ愛犬を探しに行くシーンとかはとても緊迫してました。
無人のニューヨークもCGぽくなくて寂しさを感じる出来でしたし。
それだけにちょっと残念。
前半と後半でちょっと毛色の違う作品です。

ラストも少し不満。
「タイトルと違うじゃないか!!」と、心の中で突っ込みましたよ・・・。
タイトル通りだと面白くないのかもしれませんが。
まあ、ゾ○ビ映画としては面白いほうじゃないんでしょうか。
ただ何をしたいのかつかみづらい映画ではありました。
面白くないことはない(?)ので暇つぶしにはいいかな?

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/12/23(日) 23:16 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/01/02(水) 01:32 | | #[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
プロフィール

ジュン

Author:ジュン
パソコンインストラクターやってます。
いつも前向きな気持ちで日々精進!!

→マイプロフ

最近の記事
映画生活
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PING送信
RSSフィード
リンク
あし@
edita
edita.jp【エディタ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。