足の向くまま、気の向くまま がんばらずに前を向いて歩こう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





別の意味で騙された! 『パーフェクト・ストレンジゃー』を観る

あなたは騙されやすい人ですか?

僕はどちらかというと、騙すタイプ。

・・・・・・。

うそです。

というわけで、

「パーフェクト・ストレンジャー」を観ました。


パーフェクト・ストレンジゃー


ラスト7分11秒まで、真犯人は絶対わからない--。


という触れ込みですが・・・・・・。


 PERFECT STRANGER
公開日:2007/09/29
監督:ジェームズ・フォーリー
原案:ジョン・ボーケンキャンプ
脚本:トッド・コーマニキ
撮影:アナスタス・N・ミコス
音楽:アントニオ・ピント
出演:ハル・ベリー、ブルース・ウィリス、ジョヴァンニ・リビシ、
ゲイリー・ドゥーダン、クレア・ルイス 他


→「パーフェクト・ストレンジャー」のオフィシャルサイト




↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





『X-MEN』シリーズのハル・ベリーと、
『ダイ・ハード』シリーズのブルース・ウィリスが共演した、
ミステリー・サスペンスです。
ハル・ベリー演じる女性記者ロウィーナの幼馴染が謎の死を遂げます。
その謎を追うロウィーナと同僚の天才ハッカー、マイルズ(リビシ)の前に
最有力容疑者として一人の会社社長(ブルース・ウィリス)が浮かんできて・・・
というお話。

この映画の最大の見所といえば、
誰が“完全なる別人(パーフェクト・ストレンジゃー)”か?という謎。
「ラスト7分11秒 あなたは絶対騙される。」
という予告のテロップに誘われてこの映画を観たわけです。
“絶対”というからには、と思って、
ありとあらゆる可能性を考えながら観ていたのですが・・・。
予想していたパターンの一つにすぎませんでした。

もっと「裏切り」が欲しかったです。
ミステリーやサスペンス物が少しでも好きならたどり着きそうな結末だったのが残念。
じゃあどうすればよかったんだ?と聞かれると困りますが(笑)
悪くいえば薄いですね、脚本が。
ハル・ベリーとブルース・ウィリスを使わなくても成り立つ映画でした。

加えて、結末を迎えても「あー!そうだったのか!!」という驚きが少なくて、
伏線も弱いですしキャラクターの性格もあいまい。
ラストはちょっと無理矢理な感じもしました。
というより、犯人に結びつける要素も薄いんですよね。
布石もなしに、無理に騙そうという感じです。
なのに、結末は予想外でないという・・・・・・。

まあ、ハル・ベリーが好きなら観にいってもいいんじゃないですかね。
なぜか無駄に思えるほど色気を振りまいてますし。
ブルース・ウィリスが好きならやめといたほうがいいです。
扱いが悪いので。

少なくとも予告編を観て、「観にいこう」というのはお勧めできません。
僕がそうでしたから(笑)
「絶対騙される」なんて使っちゃだめですよ。
そんな若手お笑い芸人がやるような無茶なハードルの上げかたしたもんだから、
けっこう不満が残る一品でした。
配給会社側からしたら、まんまと騙したってことでしょうか・・・。
そんな騙しはまっぴらごめんですけど。

以上、ちょっと毒舌気味でした。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
カテゴリー
プロフィール

ジュン

Author:ジュン
パソコンインストラクターやってます。
いつも前向きな気持ちで日々精進!!

→マイプロフ

最近の記事
映画生活
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PING送信
RSSフィード
リンク
あし@
edita
edita.jp【エディタ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。