足の向くまま、気の向くまま がんばらずに前を向いて歩こう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





映画 『オカンの嫁入り』を観ました

「オカンの嫁入り」

を観ました。



勝手に評価 ★★★★☆(4.5) 

オカンの嫁入り

→「オカンの嫁入り」のオフィシャルサイト


あらすじ↓(ネタバレを含むので見たい人はドラッグして反転させてください)
父の顔を知らずに生まれた月子は、母の陽子と2人で支え合って生きてきた。そんなある日、酔っぱらって真夜中に若い金髪の男・研二を連れてご帰宅した陽子。なんと翌朝、月子に“この人と結婚します”と言い放つ。あまりの唐突な母の行動に月子の不満は爆発、勢い余って家を飛び出してしまう。家族同然の付き合いをしている大家のサクや陽子の上司・村上は、そんな月子をなだめようとするのだったが…。。(allcinemaより参照)

2010/09/04公開
監督・脚本:呉美保 原作:咲乃月音 『さくら色~オカンの嫁入り』
出演:宮崎あおい、大竹しのぶ、桐谷健太、絵沢萠子、國村隼、
    林泰文、斎藤洋介、春やすこ、たくませいこ、友近、綾田俊樹 他

今回のあらすじ~
宮崎あおいさん演じる月子が夜寝ていると、
ベロベロに酔っ払った大竹しのぶさん演じる月子の母、陽子が帰ってきます。
そしてお土産に持って帰ってきたのは若い金髪兄ちゃん(桐谷健太さん)
混乱する月子をよそに、寝てしまう陽子と金髪兄ちゃん。
一夜明け、陽子は月子に金髪兄ちゃんと結婚すると言いだして、
当然寝耳に水な月子は大反対で・・・
というお話。

原作は第3回ラブストーリー大賞でニフティ/ココログ賞を受賞した同名小説。
監督は「酒井家のしあわせ」の呉美保さん。

物語はホッとするほのぼのホームドラマ。
派手さはなく、舞台も一つの町、一つの家がメインなので、
純粋に物語と、役者の演技を楽しむことができます。

なんといっても大竹しのぶさんの存在感。
飄々として明るいながらも、どこか思いつめたような感のある母親という役柄。
とても番宣で出てた「食わず嫌い王」にて、
圧巻の最弱王っぷりを見せつけた方とは思えない女優っぷりでした。
この方は基本可愛らしいんですけど、いざ演技に入るとガラッと印象が変わるからすごい。

もちろん宮崎あおいさんの眉間にシワを寄せたときの可愛さや、
桐谷健太さんの憎めない重い過去を物ともしないヘラヘラした演技。
月子陽子を優しく見守る國村隼さんと絵沢萠子さんも素晴らしい。

何がいいって映画の終わり方がいい。
番宣や予告でも隠してないのでネタバレすると、
陽子は余命いくばくもない病を患っています。
この手の映画は大体が「陽子の死」で終わるところを、
幸せなところでフェードアウトするのが個人的に◎

ほっこりさせてもらいました。
ラストの月子と白無垢姿の陽子とのシーンはホロリとなりました。

割とオススメ75点



↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
プロフィール

ジュン

Author:ジュン
パソコンインストラクターやってます。
いつも前向きな気持ちで日々精進!!

→マイプロフ

最近の記事
映画生活
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PING送信
RSSフィード
リンク
あし@
edita
edita.jp【エディタ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。