足の向くまま、気の向くまま がんばらずに前を向いて歩こう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





ソフト座頭市 『座頭市 THE LAST』を観る

「座頭市 THE LAST」

を観ました。

おはこんばんちは

6月です。

水無月です。

ジューンブライドです。

6月に結婚すると幸せになれるという都市伝説ですが、

結局のところ当人たちの気合と根性の問題だと思います。

てなわけで、瑛太さん木村カエラさんお幸せに

腹の中ではできちゃった・・・もとい“授かり婚”だそうで、

「瑛太おまえもか (=゚ω゚)つ)゚∀゚)グァ」という思いがあったりなかったりあったり。

というわけでレビューです

勝手に評価 ★★★☆☆(3.0) 

座頭市 THE LAST
→「座頭市 THE LAST」のオフィシャルサイト


あらすじ↓(ネタバレを含むので見たい人はドラッグして反転させてください)
“これが最後”と最愛の妻タネに約束し、死闘に臨んだ市。だが、その戦いが幕を閉じるかと思った矢先、タネが追手の刀によって命を落としてしまう。悲しみと絶望に打ちひしがれる市だったが、タネとの最後の約束を守るため、もう人は斬らないと決意し、故郷の旧友・柳司のもとで静かな暮らしを送ることに。仕込み杖を置き、柳司一家と共に百姓として平和な日々を過ごす市。しかし、村は極悪非道な天道一家に支配されており、百姓たちは一味に全てを搾取され苦しみ続けていた。そんな彼らに助けを請われた市は、再び仕込み杖を手に立ち上がるのだが…。(allcinemaより参照)

2010/05/29公開
監督:阪本順治
出演:香取慎吾、石原さとみ、反町隆史、工藤夕貴、寺島進、
    高岡蒼甫、加藤清史郎、宇梶剛士、柴俊夫、豊原功補、
    岩城滉一、中村勘三郎、倍賞千恵子、仲代達矢 他

今回のあらすじ~
切ったり切られたりと殺伐極まりない世界を生きてきた盲目の剣士座頭の市さん。
そんな彼にも最愛の妻タネに出会ったことで足を洗おうと決意。
そんな甘い考えを周囲は許してくれず、死闘の末、タネが追っ手の刀で死んでしまいます。
公開と自責の念でいっぱいの市さんは失意の底、以前タネと一緒に行くことを約束した生まれ故郷へ流れ着き、そこで旧友・反町さんに出会って百姓として生きていくことを決意。
でもその村は極悪非道の天童一家が支配していて・・・・・・
というお話。

『座頭市』は“勝新”という大きなバックボーンがある以上、
とても作りにくい題材にはなっていると思う。
『勝新座頭市』を超えるというのはひとつの目標であるとは思いますが、
必ずしもそれを目指さないといけないのかなぁ・・・?
と、いろんな人のレビューを読んでそう思った今日この頃。
どうしても比べられるのは仕方がないけどね。
北野さんVerとか綾瀬さんVerとか・・・

さて本題。
香取慎吾さんの座頭市は全然悪くない。
むしろかっこよかった。
特に後半にラスボスの所に向かう香取さんの姿を横に倒したシーンはグッときた。
さすがに若すぎる感じはあったけど、いろんな座頭市があってもいいじゃないですか。
今まで観た香取さん主演の映画(西○記とか忍者○ッ○リくんとか)に比べると、
役柄のせいもあるんでしょうが、『役者』って感じがしました。
もうちょっと座頭市が強くてもよかったかな?

ただ、納得行かないのは石原さとみさんの扱い。
市の最愛の妻という、さも重要人物のように取り上げていながら、
冒頭でさっさとリタイア、そして回想でちょっと出てくるだけ。
市の心境に深く関わっている存在とはいえ、
物語に深く絡んでいるかというと、そう見せているだけで実際そうでもないという・・・
まるで、今時の映画だからヒロイン的存在でも放り込んどきゃ観客は喜ぶだろ?という意図がバシバシ伝わってきました。
石原さんは好きな女優さんなだけにこの扱いは納得いかなかったです。
あんなに番宣出てたのに・・・・・・

あと、キャストが豪華すぎて無駄遣いしている感じもしました。
皆さんキャラが立っているのにも関わらず、
数が多いもんだからつまみ食い程度で終わっている人がちらほら。
反町さんや石原さんとの出会いとかが一切描かれていないのはダメでしょ。

個人的にはもっと中村勘三郎さんと市との絡みを観たかった。
仲代達矢さんの存在感、威圧感は理不尽すぎるほどすごい。
『触るな危険』の張り紙を背中に貼っといて欲しいレベル。
(貼った時点で一刀両断されそうです)

一番腑に落ちないのは、なぜ“LAST”なのか。
いいじゃん“ラスト”じゃなくたって。
無理に“LAST”にしようとしたのか最後はちょっと強引な終わり方だったし。
公式サイトでは「座頭市シリーズは完結」とありますが、
完結させる必要はどこにあるのか・・・
原作者の遺族の意向らしいですが、別に終わらせなくてもいいと思う。
兎にも角にもソフトな座頭市でした。
比べなければ60点



↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリー
プロフィール

ジュン

Author:ジュン
パソコンインストラクターやってます。
いつも前向きな気持ちで日々精進!!

→マイプロフ

最近の記事
映画生活
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PING送信
RSSフィード
リンク
あし@
edita
edita.jp【エディタ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。