足の向くまま、気の向くまま がんばらずに前を向いて歩こう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





とめはね 『書道ガールズ』を観る

「書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-」

を観ました。

勝手に評価 ★★★★☆(4.0) 


書道ガールズ
→「書道ガールズ!!-わたしたちの甲子園-」のオフィシャルサイト


あらすじ↓(ネタバレを含むので見たい人はドラッグして反転させてください)
“紙の町”愛媛県四国中央市。四国中央高校の3年生、早川里子は、書道家を父に持つ書道部部長。しかし、部員たちの心はバラバラでいまや廃部寸前、里子自身も紙と向き合いながらも満たされないものを感じていた。臨時顧問の池澤からも“つまらない字”と切り捨てられ、ますます迷いが生じてしまう。さらに、池澤が音楽に乗せて披露した“パフォーマンス”に部員の清美までもがすっかり夢中になってしまう始末。それに対し、書道は自分の心と向き合いながら一人でするものと、反発する里子。そんな中、清美が実家の文具店の閉店セールを盛り上げたいと、呼び込みのために書道パフォーマンスをすることを提案、渋々ながらも協力する里子だったが…。(allcinemaより参照)

2010/05/15公開
監督:猪股隆一 脚本:永田優子
出演:成海璃子、桜庭ななみ、山下リオ、高畑充希、小島藤子、金子ノブアキ 他
主題歌:ファンキーモンキーベイビーズ 『大切』

予想以上に“スポコン”してました。
こういう青春モノやスポコンものには弱いので、何度か泣かされました。
特に顧問の先生(金子ノブアキさん)と主人公の父親(おかやまはじめさん)のシーンや、
病気のお母さん(宮崎美子さん)とその娘・美央(山下リオさん)のシーンとかかなり目頭にグッときた。

物語の舞台は愛媛県四国中央高校書道部。
音楽に合わせて大勢が踊りながら大きな紙に書道を行い、
書の腕とパフォーマンスを競う“書道パフォーマンス甲子園”
「紙の町」として知られる愛媛県四国中央市で開催され、
いまや全国規模のイベントとして認知されるようになったこのイベントの誕生秘話を実話に基づいて描かれた青春モノです。
監督は「マリと子犬の物語」の猪股隆一監督。

普通に感動しました。
ラストの書道パフォーマンスは本気で応援。
パフォーマンスにアンジェラ・アキさんの『手紙』を使うのがズルイというか上手い。
その他BGMの使い方も効果的で良かったと思います。
ファンモンの『大切』も素敵です。
昨日TSUTAYAで借りました♪

ただ、詰め込みすぎかな?
各々のエピソードをたくさん詰め込もうとしたせいで、
あんまり詳しくならないから少し物足りなさはありました。
その割には桜庭ななみさんのエピソードがほとんどないし。

映画の作りはちょっと甘いものの、
書道部の女子部員を演じた女優さん達が輝いていたので問題なしです。
特に桜庭ななみさんの演技が良かった。
男子部員を睨みつける彼女はかわいくて面白いです。

久しぶりに元気がもらえた映画
『大切』と『手紙』効果で100点にしたいけど
涙をのんで80点



↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
プロフィール

ジュン

Author:ジュン
パソコンインストラクターやってます。
いつも前向きな気持ちで日々精進!!

→マイプロフ

最近の記事
映画生活
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PING送信
RSSフィード
リンク
あし@
edita
edita.jp【エディタ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。