足の向くまま、気の向くまま がんばらずに前を向いて歩こう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





神は親バカ 『タイタンの戦い』を観る

「タイタンの戦い」

を観ました。

勝手に評価 ★★★☆☆(3.0) 

タイタンの戦い

→「タイタンの戦い」のオフィシャルサイト


あらすじ↓(ネタバレを含むので見たい人はドラッグして反転させてください)
神と人が共存していた神話の時代。そこでは、欲望のままに行動する神々が熾烈な抗争を繰り返していた。ある時、ゼウスの息子でありながら人間として育てられたペルセウスは、冥界の王ハデスに家族をなすすべなく殺されてしまう。ハデスの暴虐に、このままでは地上が地獄と化す危機に直面する中、復讐に燃え、失う物のなくなったペルセウスは、命知らずの猛者たちを率いて、ハデス打倒の旅に出る。しかしそれは、巨大な魔物クラーケンや見た者を石に変える妖女メドゥーサが待ち受けるあまりにも過酷な道のりだったのだが…。(allcinemaより抜粋)

監督:ルイ・レテリエ
出演:サム・ワーシントン、ジェマ・アータートン 他

神と人間が共存する神話の世界が舞台のアクション・ファンタジーです。
主人公は主神ゼウスを父に、人間の女性を母に持つハーフの青年。
現代ならパーシーなんとかさんと一緒に冒険しそうですが、
舞台は神話の時代なので冥王ハデス相手に喧嘩します。

冒頭や予告の流れからいくと、神VS人間の壮大な戦い!って印象を受けましたが、
蓋を開けてみると、結局お姫様を助けるために悪の大魔王(神)と戦うおきまりの展開になります。
王道といえば王道なんですけどねぇ・・・

ゼウス!ハデス!メデューサ!ペガサス!アンドロメダ!
と、ギリシャ神話のゴールデンメンバー勢揃いで割と興奮できました。
ただ、もうちょっと主人公の仲間たちの絆をしっかり描いて、
扱いをちゃんとしてくれたらもっとよかったのに・・・

期待値をそんなに上にしなかったせいか、
娯楽作として普通に時間を忘れて楽しめました。
ファンタジー大さじ1、アクション小さじ2、男の友情小さじ1、ラブ少々と、
無難なファンタジーに落ち着いてしまったのが残念です。

3Dならアクションシーンとか迫力ありそうだけど、観た人によるとそうでもないみたい。
ストーリーは良くも悪くも単純なのな展開なので、
いくら昔のリメイクとはいえ、もっとひねって欲しかった
大ボスのクラーケンとの戦いがあっさりすぎたのもあると思う。
あとゼウス、親ばかすぎるのも考えものです。



↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
プロフィール

ジュン

Author:ジュン
パソコンインストラクターやってます。
いつも前向きな気持ちで日々精進!!

→マイプロフ

最近の記事
映画生活
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PING送信
RSSフィード
リンク
あし@
edita
edita.jp【エディタ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。