足の向くまま、気の向くまま がんばらずに前を向いて歩こう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





ちょっとだけオカシな世界 『アリス・イン・ワンダーランド』を観る

「アリス・イン・ ワンダーランド」

を観ました。

勝手に評価 ★★★☆☆(3.0) 

アリスインワンダーランド

→「アリス・イン・ワンダーランド」のオフィシャルサイト


あらすじ↓(ネタバレを含むので見たい人はドラッグして反転させてください)
 子どもの時に体験した不思議の国(ワンダーランド)での記憶をすっかり失くしていた19歳のアリス。ある日、好きでもない相手からの突然のプロポーズに困惑していた彼女は、チョッキを着た白うさぎを目に止める。その不思議なうさぎを追いかけて穴に落ちてしまうアリス。辿り着いたのは、アンダーランドと呼ばれているあのワンダーランド。白うさぎをはじめこの世界の奇妙な住民たちはみな彼女の帰りを待っていた。アンダーランドは今や独裁者・赤の女王に支配された暗黒の世界で、アリスこそが年代記が予言する救世主だったのだ。そして、そんなアリスを誰よりも待ちわびていたのが、赤の女王への復讐を誓う謎多き男マッドハッターだったのだが…。(allcinemaより抜粋)


今回は3Dで観ました。
「アバター」以来の3Dだったんですが、
あまり3Dを上手に利用しているような映像が少なかったように感じました。
3Dメガネをかけると映像がうす暗く見えるので、アリスの世界だと逆にマイナスかも。

「不思議の国のアリス」のその後を描いたファンタジーです。
不思議な国(ワンダーランド)での記憶をすっかりなくしていた19歳のアリスは、
ある出来事をきっかけに再びワンダーランドへ。
そこは赤の女王が支配する恐怖の世界に変貌していました。
支配に苦しむワンダーランドの住人達はアリスを「救世主」だと言うのですが・・・
というお話。

登場するキャラクターはとても魅力的。
ジョニー・デップ演じる、時々おかしくなる帽子職人マッドハッター。
宙に浮かんで出たり消えたりちょっとキザなチェシャ猫。
どつぎながらお互いを否定する悪い「悪いザ・たっち」トウィードルダムとトウィードルディ。
ミュージカルみたいな動きをする見ていて飽きないけど友達にはちょっと・・・白の女王。
頭がでかく、口癖が「首をはねよ!」の赤の女王。
などなど。
主人公(ですよね?)アリスの存在が透明に近いほど薄まる個性的な面々ばかり。
彼らを見るだけでも観る価値はありますね。

内容は正直「これで終わり?」というかちょっと物足りない。
もっとガツンと変わった世界を見せてくれるかと思ってたら、思ったほどじゃなかったです。
やっぱりハードル上げすぎたかな・・・・・・
映像は綺麗というより、独特で楽しかったんですが、
ストーリーがちょっとさっぱりしているせいか、
アリスがあっさりミッションをクリアーしていくアクションゲームみたいでした。



↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
プロフィール

ジュン

Author:ジュン
パソコンインストラクターやってます。
いつも前向きな気持ちで日々精進!!

→マイプロフ

最近の記事
映画生活
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PING送信
RSSフィード
リンク
あし@
edita
edita.jp【エディタ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。