足の向くまま、気の向くまま がんばらずに前を向いて歩こう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





三者三様 『シャッター アイランド』を観る

「シャッターアイランド」

を観ました。

勝手に評価 ★★★★☆(4.0) 


シャッター アイランド
→「シャッターアイランド」のオフィシャルサイト


あらすじ↓(ネタバレを含むので見たい人はドラッグして反転させてください)
ボストンの遥か沖合に浮かぶ孤島“シャッター アイランド”。そこに、精神を患った犯罪者を収容するアッシュクリフ病院があり、厳重な監視の下に運営されていた。ところが1954年9月、レイチェルという女性患者が忽然と姿を消してしまう。事件を調べるため、連邦保安官のテディが新たな相棒チャックと共に島を訪れる。折しも、激しい嵐が近づいており、捜査の行方に不安がよぎる。さっそく2人は、患者たちへの聞き込みを開始するが、テディは事件と無関係な“アンドルー・レディス”という人物についての質問を繰り返す。実はその人物は、アパートに火をつけ最愛の妻ドロレスを殺した放火魔で、テディはレディスがこの病院に収容されていると知り、その行方を探っていたのだ。そして、レディスへの復讐こそが、テディがこの島へやって来た真の目的だったのだが…。(allcinemaより抜粋)

まぁ、予告やCMがあおりすぎて作品の足をひっぱている典型的なパターンです。
映画冒頭でも、「この映画の結末は誰にも言わないでください」みたいなこと言ってくるし。
なにが“超”なのかよくわかりませんが、
CMだと超吹替版じゃないとよく理解できないみたいなあおり文句でしたが、
字幕版でも普通に十分楽しめます。
真相につながるような伏線というか、小ネタはたくさん散りばめられていたので、
字幕版だと、その辺が見落としがちになっちゃうとは思います。

物語の舞台は精神的にアレな犯罪者を治療している病院がある孤島“シャッターアイランド”
厳重な監視下から一人の女性患者が姿を消したという報告を受け、
捜査にやってきたレオナルド・ディカプリオ演じる連邦捜査官テディとその相棒チャック。
テディには消えた女性を捜索する以外に、
“アンドリュー・レディス”を探すという隠された意志があり・・・というお話。

変に周りがハードル上げすぎなんですよ。
こっちも過度の期待しちゃうじゃないですか。
別に期待はずれというわけじゃないんですよ、むしろ面白かった。
ハードルの上げ方が的外れというか、
走り高跳びの棒の高さを上げたけど100m走だったような感じ(ちょっと違うか)。
壊れた人間の怖さとか、脳が信じたことが真実じゃないとことか、
ラストも含めて色々と記憶に残る映画です。
ラストのテディの台詞でなんとも言えない(いい意味での)後味の悪さが味わえます。
この台詞をどう受け取るかで、三者三様の感想が出てくると思う。
僕は彼の選んだことと、そこに至った経緯を思うと、とても悲しくなりました。

“オチ”的なものがラストに隠されているんですが、
途中で薄々気づいてしまったのはちょっと残念だったかな。
この手の映画が好きな人は中盤を過ぎたあたりで気づいちゃうかもです。
ただ、この映画の結末の捉え方は人それぞれだと思う。
僕が観たまま感じた結末がそれで合っているのか・・・
と、思わせられた時点で制作側の勝ちですね。

グロテスクというか嫌~なシーンが結構あります。
そういうのが苦手な人は劇場で観ない方がいいかも。
観終わった後、一緒に観た人と結末について小一時間話せる映画です。
色々と「重い」作品ではあるのでテンションが高いときに観てください(笑)



↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
プロフィール

ジュン

Author:ジュン
パソコンインストラクターやってます。
いつも前向きな気持ちで日々精進!!

→マイプロフ

最近の記事
映画生活
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PING送信
RSSフィード
リンク
あし@
edita
edita.jp【エディタ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。