足の向くまま、気の向くまま がんばらずに前を向いて歩こう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





信じるものは救われ・・・ 『THE 4TH KIND フォース・カインド』を観る


「THE 4TH KIND フォース・カインド」


を観ました。

この映画(?)を観ていて「そっち系!?」と思った人は少なくないんじゃないかな・・・

勝手に評価 ★★☆☆☆(2.0)

フォース・カインド 

→「THE 4TH KIND フォース・カインド」の詳細記事
→「THE 4TH KIND フォース・カインド」オフィシャルサイト

あらすじ↓(ネタバレを含むので見たい人はドラッグして反転させてください)
未解決の失踪事件が多発しているアラスカ州北部の町ノーム。そこでは、不眠症に苦しむ住民も数多くいた。2000年10月、心理学者のアビゲイル・タイラー博士は、不眠症の原因を探るため、患者に催眠療法を行い、その様子をカメラに記録するのだったが…。(allcinemaより抜粋)

物語は本物のタイラー博士が出演している実際の映像っぽいものと、
ミラ・ジョヴォヴィッチさんがタイラー博士を演じる再現VTRの2つで構成されています。
ドキュメンタリーっぽくすることで物語に現実味を加えて、
観客に『信じるか信じないかはあなた次第』と、
ハローバイバイの関さんみたいなことをうたっているわけですが・・・

うーん・・・
いいか悪いか、面白いか面白くないかを別として、観終わると“しこり”が残る結果になりました。
僕みたいな都市伝説とかが好きな人にはそれなりに楽しめると思いますが、
変にドキュメンタリーっぽく作ったせいで、肝心なところはお茶を濁していて、
結果、結末もお茶を濁して終わるという・・・テレビでよくある超常現象番組みたいになっていました。
これを映画と位置づけしてもいいものかどうか疑問です。

ちょっとネタばれすると『宇宙人ネタ』の映画です。
アメリカの人はこの手の話が好きなんでしょうねえ。
この手の話は真っ先に「Xファイル」が頭をよぎりますが、それに比べると・・・
一番問題なのは一番ショッキングなシーンを予告やCMで流しちゃっている点。
他はちょっと音とかで驚かされるぐらいで、ほとんど怖さはありませんでした。
CMのお嬢さん方は何にあんなに怯えていたのか・・・

怖いといえば、本物のタイラー博士を演じた(?)女性のやつれっぷりが怖い。
事件によって受けた身体と精神のダメージによって事件前の彼女と、
事件後インタビューを受ける彼女のギャップが不気味で怖い。
あのタイラー博士のうつろな表情がすごく印象に残っています。

もっと怖いものを想像していただけに、ちょっと肩すかしでした。
しかも予想外な宇宙的な内容だったのでしばらくポカーンとしてしまいました。
観る人によって捉え方が大きく違う映画です。
この映画の内容が事実に基づいているかどうかは言及されていませんが、
どうしても気になる人はWikipediaで「フォース・カインド」を調べてみてください。
「宣伝」のところを読むとなんとなくわかりますよ。


オリジナル・サウンドトラック『The 4th Kind(原題)』オリジナル・サウンドトラック『The 4th Kind(原題)』
(2009/12/23)
サントラ

商品詳細を見る


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリー
プロフィール

ジュン

Author:ジュン
パソコンインストラクターやってます。
いつも前向きな気持ちで日々精進!!

→マイプロフ

最近の記事
映画生活
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PING送信
RSSフィード
リンク
あし@
edita
edita.jp【エディタ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。