足の向くまま、気の向くまま がんばらずに前を向いて歩こう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





思い出は大切に 『カールじいさんと空飛ぶ家』を観る


「カールじいさんの空飛ぶ家」
を観ました。

勝手に評価 ★★★★☆(4.0)

カールじいさんの空飛ぶ家 

→「カールじいさんの空飛ぶ家」の詳細記事
→「カールじいさんの空飛ぶ家」オフィシャルサイト

あらすじ↓(ネタバレを含むので見たい人はドラッグして反転させてください)
古いけれど手入れの行き届いた一軒家に暮らす老人カール・フレドリクセン。開発の波が押し寄せる中、頑なに家を守り抜いてきた。そこは、いまは亡き最愛の妻エリーとの素敵な思い出に満たされた、かけがえのない場所だった。しかし、ついにカールは家を立ち退き、施設に入らなければならなくなる。そして迎えた立ち退きの日の朝、なんとカールは無数の風船を使って家ごと大空へと舞いあがるのだった。それは、エリーと約束した伝説の場所“パラダイス・フォール”への大冒険の始まり。ところがその時、少年ラッセルが空飛ぶ家の玄関に。驚いたカールは渋々ながらもラッセルを招き入れ、一緒に旅をするハメになるのだが…。(allcinemaより抜粋)


はずれがないな~というのが正直な感想。
今回観たのは字幕版。
3Dにも興味がありましたが、時間が合わなかったということで・・・
さすがディズニー・ピクサーという感じで落ち着いて観ていられる良作でした。
感動・・・作なのかなぁ?
前半というか、カールじいさんが家ごと空を飛ぶところはまでがじんわりゾーン
特に冒頭の奥さんとの思い出をたどるシーンは結構くるものがありました。
あのオープニングだけでももう一度観たいですね。

おじいちゃんを主人公にしてもちゃんと冒険物に仕上げてくるあたりはさすがです。
後半は悪役とのバトルメインでおじいちゃんなのにスピード感がけっこうあってびっくり。
大人も子供も楽しめる映画は観ていて幸せな気持ちになります。
ラストまでしっかり作りこんでくれるのもディズニー・ピクサーのいいところ。
あの終わり方はとっても好きです。ほっとします。
笑いどころはちょこちょこありましたが、声に出して笑うほどではなかったです。
この辺は子供よりですかね。後ろの子供がきゃっきゃっ笑ってましたら。

残念なのが、悪役が完全な純粋な悪ではなく同情できる部分があるところ。
それを完全な悪者として処理するのにはちょっと後味が悪い。
それに、あれだけカールじいさんにとって心のよりどころだった『家』が中盤から終盤にかけて足かせになっていくのが観ていて辛いところがありました。
その『足かせ』をカールじいさんがどう対処するかがこの映画の山場なんですけど。

じんわり泣けて、くすっと笑える、ちょっと大人なアニメーションです。
丁寧に作られていて、安心して観ていられますが、これといった驚きは少ないです。
久しぶりに観終わった後、心がほっこり暖かくなる映画。
それにしても原題は「UP」とシンプルなんですね。
邦題にするとどうしてこうなってしまうのか・・・
最後に一言、アニメはつっこんだら負けです。

カールじいさんの空飛ぶ家 カールじいさん ビニールフィギュアカールじいさんの空飛ぶ家 カールじいさん ビニールフィギュア
(2009/12/04)
ホットトイズ

商品詳細を見る

カールじいさんの空飛ぶ家 ラッセル ビニールフィギュアカールじいさんの空飛ぶ家 ラッセル ビニールフィギュア
(2009/12/04)
ホットトイズ

商品詳細を見る


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
カテゴリー
プロフィール

ジュン

Author:ジュン
パソコンインストラクターやってます。
いつも前向きな気持ちで日々精進!!

→マイプロフ

最近の記事
映画生活
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PING送信
RSSフィード
リンク
あし@
edita
edita.jp【エディタ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。