足の向くまま、気の向くまま がんばらずに前を向いて歩こう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





女優の目力 『ゼロの焦点』を観る


「ゼロの焦点」
を観ました。

勝手に評価 ★★★☆☆(3.5)

ゼロの焦点  

→「ゼロの焦点」の詳細記事

あらすじ↓(ネタバレを含むので見たい人はドラッグして反転させてください)
妻・禎子と結婚式を挙げて7日後の新郎・憲一は、仕事の引き継ぎで以前の勤務地・金沢へと旅立った。ところが、憲一はそのまま帰ってこなかった。見合いのため、夫の過去を全く知らなかった禎子には、失踪の理由も皆目見当がつかない。夫の行方を追って金沢へと向かった禎子は、そこで得意先会社の社長夫人・室田佐知子と受付嬢の田沼久子という2人の女と出会う。一方、時を同じくして憲一と関わりのある人物が被害者となる連続殺人事件が発生するが…。(allcinemaより抜粋)

残念な結果だった「笑う警官」を観た直後だったせいかどうかは別として、
十分サスペンスとして楽しめたと思います。
2時間サスペンスでよくあるような時間差トリックだとか、密室トリックだとかを入れないで、
人の心の弱さによる悲しさを組み込んだサスペンスとして十分楽しめました。
しかも演出というか、話の持って行き方が上手なんですよね。
よけいな雑念が浮かぶことなくラストまで集中して観られます。

ただ、頭を悩ますトリックがほとんどないので、
ラストまで観てしまえば全体の話はいたってシンプルです。
なので観客が推理する部分が少なく、そういうのを期待して観にいくと拍子抜けします。

この映画はなんといっても、広末涼子さん、中谷美紀さん、木村多江さん3人の女優さんの演技が見所です。
特に中谷美紀さん。
おきれいなんですがその演技の迫力たるや怖いぐらい。
子供が観たら泣くんじゃないかな?というくらいの怪演でした。
なんていうか目力が違うというか、
政治家みたいな役がぴったり(今作は違いますが)似合う雰囲気があります。
しかもラストに至るまでの中谷さんの演技は鬼気迫るものがありました。
主演の広末涼子さんが霞むほどに・・・
木村多江さんは幸の薄い女性の役は演じたら右に出る人はいないんじゃないでしょうか?
(褒め言葉じゃないかもしれませんが・・・)

でもやっぱり「どんでん返し」は欲しかった。
犯人の目星も割りと早めについてしまいますし、
お互いの人間関係が説明不足のせいか浅く感じます。
最後まで一気に観ることができるんですが、観終わった感想は「ちょっと物足りない」です。

とはいえ、サスペンス物として普通に楽しめました。
戦後の昭和というどこか灰色なイメージもよく出ていたと思います。
少なくとも「笑う警官」よりは楽しめますよ(笑)

余談ですが、エンディングで流れる中島みゆきさんの歌声は
インパクトがありすぎてちょっとひいちゃいました・・・



愛だけを残せ愛だけを残せ
(2009/11/04)
中島みゆき

商品詳細を見る

「ゼロの焦点」オリジナル・サウンドトラック「ゼロの焦点」オリジナル・サウンドトラック
(2009/11/11)
サントラ中島みゆき

商品詳細を見る


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ゼロの焦点」戦後は終わったのか、改めて考える

「ゼロの焦点」★★★☆ 広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊主演 犬童一心監督、131分 、2009年(2009-11-14公開)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか...
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリー
プロフィール

ジュン

Author:ジュン
パソコンインストラクターやってます。
いつも前向きな気持ちで日々精進!!

→マイプロフ

最近の記事
映画生活
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PING送信
RSSフィード
リンク
あし@
edita
edita.jp【エディタ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。