足の向くまま、気の向くまま がんばらずに前を向いて歩こう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





一騎当千 『レッドクリフ Part Ⅰ』を観る

トラックの後ろに「下心満載!」というステッカーが貼ってあると、

なんか疲労感があったりなかったり。

そんなことより

「レッドクリフ Part Ⅰ」

を観ました。

三国志の「赤壁の戦い」を映像化した今作。
三国無双をやった後に観ると、ビミョーな気持ちになります・・・

個人的評価:★★★☆☆(3.0)

原題:RED CLIFF 赤壁
公開日:2008/11/01
監督:ジョン・ウー
アクション監督:コリー・ユン
脚本:ジョン・ウー、カン・チャン、コー・ジェン、シン・ハーユ
撮影:リュイ・ユエ、チャン・リー
音楽:岩代太郎
主題歌:アラン
出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、
ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童(特別出演)
リン・チーリン、ユウ・ヨン、ホウ・ヨン、バーシャンジャプ、
ザン・ジンシェン、トン・ダーウェイ、ソン・ジア、チャン・サン 他

レッド・クリフ レッド・クリフ

帝国が、襲ってくる。
信じる心、残っているか。


→「レッドクリフ Part Ⅰ」のオフィシャルサイト



↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





三国志の中でも1、2を争う戦い“赤壁の戦い”を、
「M:I-2」「フェイス/オフ」のジョン・ウー監督が映画化。
前後編2部作の前編です。
蜀軍の軍師 諸葛孔明には金城武さん、
呉軍の軍師 周瑜にはトニー・レオンさんが演じます。
西暦208年、帝を擁し権力を欲しいままにしている曹操。
障害となる劉備、孫権に80万の大軍を率いて南下を開始します。
わずか2万の軍勢しかいない劉備が最初の標的となり、
長坂坡の戦いでは趙雲、関羽、張飛たちの働きによって九死に一生を得ます。
軍師孔明は、強大な曹操の軍に対抗するため、
呉の孫権と同盟を組むことを進言、呉を説得するため単身呉へと向かいます。
というお話。

三国志は大好きなので、結構期待大だったわけです。
思えば三国志を題材とした映画を劇場で観るのは初めてですね。
物語は蜀と呉の連合軍が、魏の大軍を破るという有名な戦いを映画化したもの。
個性的なキャラクターには三国志好きなら色んなイメージがあると思います。
その上でこの映画を観てみると・・・。

イメージに合う人と、そうでない人がはっきり分かれていたように思います。
それにしても曹操は完全に悪者扱いされていますね~
まあ物語にする上で勧善懲悪はやりやすいですからね。
一番納得がいかないのが美周郎こと周瑜を演じたトニー・レオンさん。
だって周瑜美周郎ですよ?

周郎ですよ?

ファンの方には悪いですが、レッドクリフの中では個性が薄いように感じます。
周りが濃い目なキャストなので、影が薄い印象を受けます。
あと、なんで中村獅童さん出てるの?

映画の冒頭、三国志のことをよく知らない人のために、
時代背景、主要人物の関係などあらましが入っていたのはよかったと思います。
なんでも日本公開版にあわせて(日本スタッフ側が)特別に作ったものだそうです。
これのおかげで、三国志を知らない人が観ても物語に入りやすくなっています。
でもやっぱり大筋でもいいので事前に知っておくとわかりやすいです。
ぜひ横山光輝先生の三国志(全60巻、文庫版は全30巻)を読まれることをお勧めします。
嘘です。
あと三国志のイメージが三国無双(ゲーム)しかない人は物足りないかも(笑)

戦闘シーンがマスゲームに見えてしまったのが残念。
まあ、実際の戦いを再現すると意外とマスゲームに近いものがあったのかもしれませんね。
物語の主人公はどちらかというと呉の周瑜。
孔明ならともかく、関羽、張飛といった人気武将にはあんまりスポットがあたりません。
趙雲は結構活躍していました。

物語はざっくり分けると長坂坡の戦い~いざ赤壁の戦い!といったところまで。
いわば大きな戦いに向けての序章みたいな感じですが、
ちょっといろんなことを詰め込みすぎているようにも感じました。
とはいえ飽きさせる内容ではなく、十分パートⅡに期待できる作品です。

RED CLIFF~心・戦~(DVD付)RED CLIFF~心・戦~(DVD付)
(2008/10/15)
alan

商品詳細を見る

レッドクリフ Part1 オリジナル・サウンドトラックレッドクリフ Part1 オリジナル・サウンドトラック
(2008/10/24)
岩代太郎alan

商品詳細を見る
コメント
日本インターネット映画大賞募集中
突然で申しわけありません。現在2008年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/15(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリー
プロフィール

ジュン

Author:ジュン
パソコンインストラクターやってます。
いつも前向きな気持ちで日々精進!!

→マイプロフ

最近の記事
映画生活
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PING送信
RSSフィード
リンク
あし@
edita
edita.jp【エディタ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。