足の向くまま、気の向くまま がんばらずに前を向いて歩こう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





無表情の恐怖 『告白』を観る

「告白」

を観ました。

おはこんばんちは

というわけでレビューです

勝手に評価 ★★★☆☆(4.0) 

告白

→「告白」のオフィシャルサイト


あらすじ↓(ネタバレを含むので見たい人はドラッグして反転させてください)
とある中学校の終業日。1年B組の担任・森口悠子は、ある告白を始める。数ヵ月前、シングルマザーの森口が学校に連れてきていた一人娘の愛美がプールで死亡した事件は、警察が断定した事故などではなく、このクラスの生徒、犯人Aと犯人Bによる殺人だったと。そして、少年法に守られた彼らを警察に委ねるのではなく、自分の手で処罰すると宣言するのだった。その後、森口は学校を辞め、事情を知らない熱血教師のウェルテルこと寺田良輝が新担任としてクラスにやってくる。そんな中、以前と変らぬ様子の犯人Aはクラスでイジメの標的となり、一方の犯人Bはひきこもりとなってしまうのだが…。(allcinemaより参照)

2010/05/28公開
監督:中島哲也 原作:湊かなえ『告白』
出演:松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、藤原薫、橋本愛 他

今回のあらすじ~
とある中学校の終業日のホームルーム。
1年B組の担任、松たか子さん演じる森口悠子は騒がしい生徒たちを尻目に淡々と話し始めます。
それは先日プールに誤って落ちて死亡した彼女の娘、愛美が、
実はこのクラスの生徒2人に殺されたという衝撃的なものでした。
警察に訴えて捕まっても少年法に守られた犯人達はせいぜい保護観察処分。
それが許せない彼女はある復讐をしたと告白をして・・・
ってな話。

原作はこの作品は本屋大賞を受賞した頃に読みました。
今まで読んだ本の中で、読み終わった後は~~~っと一番重いため息が出た作品です。
映画の方も、やっぱり観終わった後ため息を付きました。
精神的にくるエグさというか、心にボディブローを打たれ続けるというか。
ひょっとしたら救われるかな~と思わせといて、
ラストの松さんの台詞で奈落に突き落とすという・・・賛否両論出そうですが、
僕は好きです。

内容は愛するわが子を失い、人としての歯車が狂ってしまった先生の復讐劇。
サイコサスペンスです。
そこに救いはありませんし、
少年法の厳罰化とか、命の重さとかメッセージ性が漂ってきそうですが、そんなものは存在しません。
ただ復讐あるのみです。
相手が中学生だからといって手加減なし。
冒頭、無表情で淡々と事件の経緯を話し続ける松たか子さんはある意味ホラーです。

ちょっと映像に懲りすぎかな?と思う部分があります。
クライマックスの爆発シーンは凝りに凝りすぎていて、ちょっと引いてしまいました。
R-15ですが、映像的なキツさというわけではなく、
いじめとか、未成年の殺人とかが盛り込んであるからなので、
映像的なグロさが苦手な人でも安心してブラックな気持ちになれます。

終始気持ちが晴れやかになる部分はないので、
落ち込んでいるときとか、気分転換とかで観ないでくださいね。
浮かれた気持ちに冷水をぶっかけたいならオススメです。
原作でも映画でもいいのでこの作品に触れて、重~いため息をついて下さい。
間違っても初デートとかで観に行っちゃダメだぞ!
熟年カップルなら行ってよしです

重い気持ちになれますが70点



↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





スポンサーサイト

アラビア~ン 『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』

「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」

を観ました。

おはこんばんちは\

というわけでレビューです

勝手に評価 ★★★★☆(4.0) 

プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂

→「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」のオフィシャルサイト


あらすじ↓(ネタバレを含むので見たい人はドラッグして反転させてください)
史上空前の繁栄を極める古代ペルシャ。親のないスラムの少年ダスタンは、友人を救うための勇気ある行動が王の目に止まり、養子として王宮へ迎え入れられる。それから15年、第3王子として“ペルシャのライオン”と異名をとるほどの勇者に成長したダスタン。彼は兄や叔父ニザムと共に聖なる都アラムートを征服、ある1本の短剣を戦利品として手に入れる。しかし、父王に贈ったアラムートの法衣に毒が塗られていたことから王が絶命、暗殺の容疑者となってしまう。そんな中、捕虜の身に甘んじていたアラムートの姫タミーナが彼の逃走を助ける。実は彼女の目的はダスタンの短剣にあった。それは、時を戻し、過去を変え、世界をも支配する強大な力を得ることができる伝説の“時間の砂”を操る唯一無二の代物だったのだ。また彼女は、“時間の砂”を邪悪な者から守る一族継承の使命を担っていた。こうして、ペルシャ帝国軍と闇の暗殺者集団ハッサンシンに追われることとなったダスタンとタミーナは、父王殺しの真犯人と“時間の砂”を求め、過酷な冒険に旅立つのだが…。(allcinemaより参照)

2010/05/28公開
監督:マイク・ニューウェル 原作:ジョーダン・メクナー
出演:ジェイク・ギレンホール、ジェマ・アータートン、
    ベン・キングズレー、アルフレッド・モリナ 他

今回のあらすじ~
親のないスラムの少年ダスタン。
ある日友人を助けるため兵士に果敢に立ち向かう姿をペルシャ王に見初められ養子縁組。
それから15年。押しも押されぬ勢いの我らがペルシャ軍。
ダストンも第3王子として“ペルシャのライオン”と恐れられるほどに成長。
そんなある日、聖なる都アラムートを征服した際、ダストンはとんでも無い濡れ衣を着せられてしまい逃走することに。
彼の腰には砂が入った不思議な短剣が光っていた・・・・・・
というお話。

ディズニーお家芸「○○オブ○○」シリーズ最新作。
勝気なお姫様、魔法の道具、王様、王様の弟、第1~第3王子、ダチョウレースと、
アラビア~ンな冒険活劇の王道まっしぐらです。
アクションゲームを実写化したような感じ。
娯楽作としての安定感がすごいのはさすがディズニー。
難しいことを考えずに物語とアクションと映像をテンポよく楽しめます。
ストーリーが単純っていうのは否めませんが・・・

この映画の一番のツッコミどころは黒幕。
『人は見かけで判断してはいけない』と幼少の頃から教えられてきてはいませんが、
登場してすぐ「あんた絶対『悪』だろ」と観客総ツッコミされそうな外見の俳優さんを持ってきてるのはわざとしか思えない。
予想を裏切らず案の定黒幕だし・・・・・・。
まさに「志村後ろー」状態
ただ、いかにも悪そうな彼なのに、
印象に残るほどの悪っぷりじゃないのが残念というかもったいない。

ちょっとテンポが早くて展開が目まぐるしくなっているので、
若干混乱しやすいスピード感ですが、
「これっ!」てのはないけど、十分に冒険活劇を楽しめる作品だと思います。
普通に70点



↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





ソフト座頭市 『座頭市 THE LAST』を観る

「座頭市 THE LAST」

を観ました。

おはこんばんちは

6月です。

水無月です。

ジューンブライドです。

6月に結婚すると幸せになれるという都市伝説ですが、

結局のところ当人たちの気合と根性の問題だと思います。

てなわけで、瑛太さん木村カエラさんお幸せに

腹の中ではできちゃった・・・もとい“授かり婚”だそうで、

「瑛太おまえもか (=゚ω゚)つ)゚∀゚)グァ」という思いがあったりなかったりあったり。

というわけでレビューです

勝手に評価 ★★★☆☆(3.0) 

座頭市 THE LAST
→「座頭市 THE LAST」のオフィシャルサイト


あらすじ↓(ネタバレを含むので見たい人はドラッグして反転させてください)
“これが最後”と最愛の妻タネに約束し、死闘に臨んだ市。だが、その戦いが幕を閉じるかと思った矢先、タネが追手の刀によって命を落としてしまう。悲しみと絶望に打ちひしがれる市だったが、タネとの最後の約束を守るため、もう人は斬らないと決意し、故郷の旧友・柳司のもとで静かな暮らしを送ることに。仕込み杖を置き、柳司一家と共に百姓として平和な日々を過ごす市。しかし、村は極悪非道な天道一家に支配されており、百姓たちは一味に全てを搾取され苦しみ続けていた。そんな彼らに助けを請われた市は、再び仕込み杖を手に立ち上がるのだが…。(allcinemaより参照)

2010/05/29公開
監督:阪本順治
出演:香取慎吾、石原さとみ、反町隆史、工藤夕貴、寺島進、
    高岡蒼甫、加藤清史郎、宇梶剛士、柴俊夫、豊原功補、
    岩城滉一、中村勘三郎、倍賞千恵子、仲代達矢 他

今回のあらすじ~
切ったり切られたりと殺伐極まりない世界を生きてきた盲目の剣士座頭の市さん。
そんな彼にも最愛の妻タネに出会ったことで足を洗おうと決意。
そんな甘い考えを周囲は許してくれず、死闘の末、タネが追っ手の刀で死んでしまいます。
公開と自責の念でいっぱいの市さんは失意の底、以前タネと一緒に行くことを約束した生まれ故郷へ流れ着き、そこで旧友・反町さんに出会って百姓として生きていくことを決意。
でもその村は極悪非道の天童一家が支配していて・・・・・・
というお話。

『座頭市』は“勝新”という大きなバックボーンがある以上、
とても作りにくい題材にはなっていると思う。
『勝新座頭市』を超えるというのはひとつの目標であるとは思いますが、
必ずしもそれを目指さないといけないのかなぁ・・・?
と、いろんな人のレビューを読んでそう思った今日この頃。
どうしても比べられるのは仕方がないけどね。
北野さんVerとか綾瀬さんVerとか・・・

さて本題。
香取慎吾さんの座頭市は全然悪くない。
むしろかっこよかった。
特に後半にラスボスの所に向かう香取さんの姿を横に倒したシーンはグッときた。
さすがに若すぎる感じはあったけど、いろんな座頭市があってもいいじゃないですか。
今まで観た香取さん主演の映画(西○記とか忍者○ッ○リくんとか)に比べると、
役柄のせいもあるんでしょうが、『役者』って感じがしました。
もうちょっと座頭市が強くてもよかったかな?

ただ、納得行かないのは石原さとみさんの扱い。
市の最愛の妻という、さも重要人物のように取り上げていながら、
冒頭でさっさとリタイア、そして回想でちょっと出てくるだけ。
市の心境に深く関わっている存在とはいえ、
物語に深く絡んでいるかというと、そう見せているだけで実際そうでもないという・・・
まるで、今時の映画だからヒロイン的存在でも放り込んどきゃ観客は喜ぶだろ?という意図がバシバシ伝わってきました。
石原さんは好きな女優さんなだけにこの扱いは納得いかなかったです。
あんなに番宣出てたのに・・・・・・

あと、キャストが豪華すぎて無駄遣いしている感じもしました。
皆さんキャラが立っているのにも関わらず、
数が多いもんだからつまみ食い程度で終わっている人がちらほら。
反町さんや石原さんとの出会いとかが一切描かれていないのはダメでしょ。

個人的にはもっと中村勘三郎さんと市との絡みを観たかった。
仲代達矢さんの存在感、威圧感は理不尽すぎるほどすごい。
『触るな危険』の張り紙を背中に貼っといて欲しいレベル。
(貼った時点で一刀両断されそうです)

一番腑に落ちないのは、なぜ“LAST”なのか。
いいじゃん“ラスト”じゃなくたって。
無理に“LAST”にしようとしたのか最後はちょっと強引な終わり方だったし。
公式サイトでは「座頭市シリーズは完結」とありますが、
完結させる必要はどこにあるのか・・・
原作者の遺族の意向らしいですが、別に終わらせなくてもいいと思う。
兎にも角にもソフトな座頭市でした。
比べなければ60点



↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





武闘派天使 『レギオン』を観る

「レギオン」

を観ました。

おはこんばんちは

レギオンです。

ガメラじゃない方のレギオンです。

僕の中でレギオンはというと悪魔城ドラキュラのまん丸肉団子なんですが、

wikipediaで見ると「軍団」という意味みたいですね。

天使って聞くとDODの方へ話がそれそうなので黙殺します。

そんなことよりレビューレビュー

勝手に評価 ★☆☆☆☆(1.5)  

レギオン

→「レギオン」のオフィシャルサイト


あらすじ↓(ネタバレを含むので見たい人はドラッグして反転させてください)
モハベ砂漠に寂しく佇む一軒のダイナー。そこへやって来た老婆が突然凶暴化し、店内を混乱に陥れる。その老婆を客の一人が仕留めたのも束の間、いつしか店の外は無数の虫の大群に囲まれていた。突如として発生した非現実的な状況に恐怖し、戸惑う店内の者たち。そんな中、大量の武器で武装したひとりの男が現われる。そして、ミカエルと名乗るその男は、堕落した人類を絶滅させるため神が恐ろしい天使軍団“レギオン”を遣わした、と驚愕の事実を明かす。また彼の正体は、神の命に背き、自らの翼を捨て、人類と共に戦うことを決意した唯一の大天使だった。さらに、ダイナーのウェイトレス、チャーリーのお腹の子が人類存亡の行方を担うと知らされる人間たち。こうして、ミカエルは圧倒的に人類劣勢の中、彼らを先導し、レギオンに立ち向かうが…。(allcinemaより参照)

2010/05/22公開
監督:スコット・スチュワート
出演:ポール・ベタニー、ルーカス・ブラック、タイリース・ギブソン 他

今回のあらすじ~
何年、何世紀経っても争いを止めないお馬鹿な人間に嫌気が差した神さんが、
もーいいや、滅ぼしちゃえ☆とばかりに天使の軍団“レギオン”を差し向けます。
人間を滅ぼすのに邪魔で、ゆくゆくは人間の救世主となるべく赤さんを守るべく、
一人(?)人間を信じ主の意向に背いた我らが大天使ミカエル様と、
様々な思いを持った人間様御一行があれやこれやと奮戦するというお話。
調子に乗った人間にお仕置きっていうのはよくある話ですね。
「聖☆おにいさん」のゴッドならついうっかり天罰下しそうですw

まー天使の皆さんが本気出したら我らが脆弱な人類なんて余裕でフルボッコだと思うんですが、
その辺は天使さん側にも事情があるようで、
階級が低い天使は、心が弱い人間に憑依しないと地上で活動できないみたいです。
十分銃火器で対向できるっていう寸法です。
ご都合主義ですね。

本来なら人類滅亡の危機のはずなんですが、
未来の救世主である赤さんを守る戦いのせいで、すごく小規模なドンパチに収まっています。
舞台もほぼ一箇所に固定されていますし。
おまけに人間VS天使ではなく、ほぼ人間VS天使が憑依した人間(モンスター)なので、
そういうのが観たいんじゃないんだよ、なんだかなぁという感じです。
味方の天使さんも敵の天使さんも、
武闘派なのかホーリーパワーを使うことなく肉弾戦。
その後なんだかターミネーター。
オチはまさかの神さんの気まぐれ。
そしてよくある映画のラスト。
うーん・・・

簡単に言ってしまえば“B級”です。
それ以上でもそれ以下でもありません。

40点



↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブログ内検索
カテゴリー
プロフィール

ジュン

Author:ジュン
パソコンインストラクターやってます。
いつも前向きな気持ちで日々精進!!

→マイプロフ

最近の記事
映画生活
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PING送信
RSSフィード
リンク
あし@
edita
edita.jp【エディタ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。