足の向くまま、気の向くまま がんばらずに前を向いて歩こう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





ぬくもりをとるか便利をとるか 『サロゲート』を観る

「サロゲート」



を観ました。

勝手に評価 ★★★☆☆(3.5) 

誰もが、パーマンのコピーロボットが欲しいと思ったことでしょう・・・
あまり映画の内容とは関係ないですがw

 サロゲート   

→「サロゲート」の情報記事
→「サロゲート」オフィシャルサイト

あらすじ↓(ネタバレを含むので見たい人はドラッグして反転させてください)
人間の身代わりロボット“サロゲート”が普及し、その常用が不可欠となった近未来。人間は外出せず、サロゲートとの媒介となるスティムチェアーから遠隔操作することで、実生活の全てをサロゲートに委ねていた。一方でサロゲート排斥運動を指導する予言者ら反対派による独立区も生まれる中、サロゲートの採用で犯罪や伝染病、人種差別が激減し、人類は理想的な社会を実現したのだった。だがある時、ほぼ完璧に安全なはずのこの社会で殺人事件が発生する。2体のサロゲートが破壊されただけでなく、持ち主までが変死していたのだ。事件を担当するのは、FBI捜査官トム・グリアーとジェニファー・ピータース。彼らもまた自分たちのサロゲートを駆使し、捜査にあたる。するとグリアーはやがて、犯人が隠し持っていた武器から、事件とサロゲートの最大手メーカー、VSI社との関連性を突き止めるのだが…。…。(allcinemaより抜粋)

自分の代わりに身代わりロボットが日常生活を送る世界のお話。
将来起こってもおかしくない話ですね。
人間って楽なほうへ楽なほうへ流れていきやすいですから。
お金があれば、容姿も体型も思い通り。
ロボットだから、怪我をしても死んでもロボットだから安全。
ロボットだから差別問題も、犯罪件数も減少。
殺人事件は15年間起きていないという一見理想の社会。
そんなときロボットが破壊され、その使用者も自宅で謎の死を遂げていたという事件が発生し・・・
というお話。

以前、サロゲートの記事を載せたときも思いましたが、
こんな世界だと結婚率、出生率は下がってるんじゃないかな・・・と。
映画の中でもありましたが金髪の美人さんロボットを操縦しているのが太った中年男性ということもありますから、
ロボットの見た目ではその使用者が男なのか女なのかさえ分からないときたら、
恋愛なんて進展しないでしょ。ましてや結婚なんて。
という余計な想像をしてみたり。

主演のブルース・ウィリスは、殺人事件の捜査にあたるFBI捜査官。
もちろん彼もサロゲートの使用者であり妻も同じく。
過去に起きた悲しい事件のせいで夫婦のコミュニケーションはサロゲートを通してのみ。
家庭内別居に近い状態です。
殺人事件の操作を進めていくうちに、
彼が以前から感じていたサロゲートを使うことへの不満と違和感がはっきりしていきます。
映画のジャンルとしては近未来SFアクションサスペンスなんですが、
ちょっと説教くさいところがあります。
サロゲートまではいかないまでも、ネットゲーム内とかでアバター同士が付き合ったり結婚したりするカップルもいるわけで、そんなコミュニケーションのとり方ではなく、もっと本人同士顔を合わせて話そうよ!といった意図と、
サロゲートのような社会は間違っているから、こうならないようにね!という意図がけっこうはっきり見えます。

全体的にちょっとスケールが小さいかな。
公開時期も悪いです。
ちょっと設定が似ている「アバター」と同時期なので、どうしても比べてしまう。
どちらかというとヒューマンドラマ色の強い「サロゲート」と比べるのもどうかと思ういますが、
へんにSF要素があるだけにどうしても・・・という感じ。
むしろ『わざと・・・?』という感じもします。
ブルース・ウィリスのアクションも期待していたほどではなかったです。
代わりのロボットはバリバリアクションしてますw

とはいえ、人間の変わりに(代わりの)ロボットが生活するというSFの王道みたいな内容はおもしろいです。
多分けっこうCGを使っていると思いますが、あまりそんな感じはしなかったのはよかった。
ラストの展開はある程度予想できたので、
もっとサスペンス要素にも力を入れてラストでびっくりさせて欲しかったというのは贅沢かな。

他の映画でもいえることですが、映画最大の見どころを予告で流すのはどうだろう。
それしか売りがないのだから仕方がないのでしょうが・・・

ブロマイド写真★映画『ダイ・ハード』ブルース・ウィリスブロマイド写真★映画『ダイ・ハード』ブルース・ウィリス
()
不明

商品詳細を見る


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





スポンサーサイト

映画情報 『Dr.パルナサスの鏡』



01/23公開の「Dr.パルナサスの鏡」です。  

僕にとって、
テリー・ギリアム監督が映画を作る=トラブルが起こる
という印象があります。
今作も・・・


Dr.パルナサスの鏡 Dr.パルナサスの鏡  

鏡の中は、
わがままな願望でいっぱい
この迷宮から、
大切な人を救えるか―――?
 

→「Dr.パルナサスの鏡」のオフィシャルサイト


「未来世紀ブラジル」「バロン」のテリー・ギリアム監督最新作です。
主演は「ダーク・ナイト」でジョーカーという強烈な個性のある役どころを演じきったヒース・レジャー。
しかしながら、彼は映画製作半ばで帰らぬ人となってしまい、今作が遺作となってしまいました。
非常に残念です・・・
彼の休止により映画製作が危ぶまれていたところを、
ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルが鏡の世界では別の顔になる設定で彼の役を引き継ぎ、
見事完成したミステリー・ファンタジー・アドベンチャーです。

美談ですねぇ~

共演は「インサイダー」のクリストファー・プラマーと、スーパーモデルのリリー・コール。

ちなみにこの映画はPG12です。

原題:THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS
上映時間:124分
公開日:2010/01/23
監督:テリー・ギリアム
脚本:テリー・ギリアム、チャールズ・マックオン
撮影:ニコラ・ペコリーニ
音楽:マイケル・ダナ、ジェフ・ダナ
出演:ヒース・レジャー、クリストファー・プラマー、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、
コリン・ファレル、リリー・コール、アンドリュー・ガーフィールド、ヴァーン・トロヤー、
トム・ウェイツ 他

ヒース・レジャー追悼写真集 【3000部限定生産】 (P-Vine Books)ヒース・レジャー追悼写真集 【3000部限定生産】 (P-Vine Books)
(2010/01/22)
クリス・ロバーツ

商品詳細を見る

オリジナル・サウンドトラック『Dr.パルナサスの鏡』オリジナル・サウンドトラック『Dr.パルナサスの鏡』
(2010/02/24)
ジェフ&マイケル・ダナ(音楽)

商品詳細を見る


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





映画情報 『サロゲート』



01/22公開の「サロゲート」です。  

サロゲートのスペルはsarrogate
代理、または代理として任命された者、代行者、代用物という意味です。

サロゲート 

ロボットがすべてを代行する社会。
それはユートピアのはずだった・・・。


→「サロゲート」のオフィシャルサイト


ロバート・ヴェンディティの処女作ともなるグラフィック・ノベルを実写映画化。
ブルース・ウィリスによるSFサスペンスです。
人間が身代わりロボット「サロゲート」で生活を任せるようになった近未来社会。
「サロゲート」のおかげで犯罪や伝染病、人種差別などの問題が激減し、
人類は理想的な社会を手に入れたかに見えた。
そんな中「サロゲート」が一体破壊され、
しかもその使用者も謎の変死をとげるという事件が起こり・・・
というお話。

共演は「サイレントヒル」のラダ・ミッチェル、
「007/ダイ・アナザー・デイ」のロザムンド・パイク。
監督は「ターミネーター3」のジョナサン・モストウ監督。

なんか「アバター」を思い出させるような設定ですが、
これはSFサスペンス。
本来破壊されても使用者には何のダメージを受けない「サロゲート」のはずなのに・・・
という謎がどのように解明されるのか今から興味津々です。
主演のブルース・ウィリスは事件を捜査するFBI捜査官。

というか、

みんなひきこもりですよね。

楽そうだけど、恋愛とか結婚とかどうするんだろう・・・
体型や容姿とか自由にできそうだし。

原題:SURROGATES
上映時間:89分
公開日:2010/01/22
監督:ジョナサン・モストウ
原作:ロバート・ヴェンディティ、ブレッド・ウェルデル
脚本:マイケル・フェリス、ジョン・ブランカトー
撮影:オリヴァー・ウッド
音楽:リチャード・マーヴィン
出演:ブルース・ウィリス、ラダ・ミッチェル、ロザムンド・パイク、
ポリス・コジョー、ジェームズ・フランシス・ギンティ、ヴィング・レイムス、
ジェームズ・クロムウェル、ジャック・ノーズワージー、デヴィン・ラトレイ、
マイケル・カドリッジ 他


ダイ・ハード4.0 [DVD]ダイ・ハード4.0 [DVD]
(2008/10/16)
ブルース・ウィリスジャスティン・ロング

商品詳細を見る


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





パルナサスとサロゲート

これから「Dr.バルナサスの鏡」を観ます!

夜の回だから人は少なめかな?少なくとも深夜の回の「マクロスF」の時より少ない(笑)あれはびっくり観たのは初めてだけどけっこうファンがいるんだな~

バルナサスのあとはブルース・ウィリス主演の「サロゲート」を観ます。

洋画2本立ては久しぶり。2本とも期待しているだけに楽しみです♪


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





小さなかいじゅう 『かいじゅうたちのいるところ』を観る


「かいじゅうたちのいるところ」



を観ました。

勝手に評価 ★★☆☆☆(2.0)

かいじゅうたちのいるところ かいじゅうたちのいるところ  

→「かいじゅうたちのいるところ」の詳細記事
→「かいじゅうたちのいるところ」オフィシャルサイト

あらすじ↓(ネタバレを含むので見たい人はドラッグして反転させてください)
やんちゃな8歳の少年マックスは、シングルマザーの母と姉との3人暮らし。最近、姉も母もかまってくれず寂しさがつのるマックス。ある日、大好きなオオカミの着ぐるみを着て悪さをしていたマックスは、ついに母を激怒させてしまう。自分の気持ちを分かってくれない悔しさから、マックスはそのまま家を飛び出してしまう。無我夢中のままボートに乗り込み、大海原へとこぎ出してしまったマックスは、やがてどこかの島へとたどり着く。なんとそこには、大きな体をした不思議なかいじゅうたちがいっぱいいた。そして、ひょんな成り行きから王様として迎えられたマックス。さっそく、みんなが幸せになれる王国づくりに乗り出すのだったが…。(allcinemaより抜粋)

なんの予備知識も頭に入れずに観に行きました。
最初この映画の印象は、なんとなくファンタジーで冒険で、
癒しをくれるんじゃないかな~と期待していたわけです。
まぁ結果、方向性自体が予想と違っていたわけです。
けっこう考えさせられる内容でびっくりしました。

一番かまって欲しい年頃の主人公マックス君。
お母さんもお姉さんもあまりかまってくれない・・・
ある日そんな不満が爆発したマックス君は、ちいさなかいじゅうモードに突入。
家を飛び出し、流れ流れてかいじゅうたちの住む島へ・・・・
というお話。

簡単に言ってしまえば、小さな少年の成長話です。
なんですけど・・・
かいじゅうが怖い。
実写ゆえの怖さっていうか、実写でリアルにしたからこそ怖いものがあります。
最初はいいんですよ、ぶさかわいくて。
わきあいあいとしているうちはいいのですが、ひとたび仲たがい状態になると、
一変、怖いものとして変貌します。
そのギャップに変な後味の悪さを感じてしまいました。
幼い子はへたしたら泣きますよこれは・・・

内容も子供向けというよりは大人向け。
とりわけマックス君ぐらいの子供がいる親御さん向けかな?
何を伝えたいのかよくわからないです。
僕の理解力が低いせいもあると思いますが、子供はもっとわからないんじゃないかな。
雰囲気もどことなくシュールだし。
最初に感じたこの映画の印象とはかけはなれていてあまり楽しむことができませんでした。

かいじゅうたちのいるところ-オリジナル・サウンドトラックかいじゅうたちのいるところ-オリジナル・サウンドトラック
(2009/12/23)
カレンO・アンド・ザ・キッズ

商品詳細を見る


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





映画情報 『かいじゅうたちのいるところ』



01/15公開の「かいじゅうたちのいるところ」です。  

この絵本の存在はまったく知りませんでした。

かいじゅうたちのいるところ かいじゅうたちのいるところ

見たことない世界、忘れてた気持ち 

→「かいじゅうたちのいるところ」のオフィシャルサイト


モーリス・ゼンダックの世界中で愛されている絵本「かいじゅうたちのいるところ」を、
「マルコヴィッチの穴」「アダプテーション」のスパイク・ジョーンズ監督が実写映画化したものです。
ある偶然から不思議な島にやってきた少年が、
大きくて怖くて愛嬌のあるかいじゅうたちと島を舞台に繰り広げられる冒険が描かれています。

この映画、以前ブログでも少し書きましたがすでに鑑賞済みです。
レビュー記事は明日にでも載せる予定です。

それにしてもこの絵本、そんなに有名なんですか?
映画の内容だけ観ると子ども向けというよりは、
『昔子供だった大人向け』という印象を受けたんですが、
絵本ではどうなっているんでしょうか?

原題:WHERE THE WILD THINGS ARE
上映時間:101分
公開日:2010/01/15
監督:スパイク・ジョーンズ
原作:モーリス・センダック 『かいじゅうたちのいるところ』
脚本:スパイク・ジョーンズ、デイヴ・エッガース
撮影:ランス・アコード
音楽:カレン・O、カーター・バーウェル
出演:マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー、マーク・ラファロ 他
声の出演:ローレンス・アンブローズ、クリス・クーパー、ジェームズ・ガンドルフィーニ、
キャサリン・オハラ、フォレスト・ウィッテカー、ポール・ダノ 他


世界絵本箱DVDセレクション かいじゅうたちのいるところ[全3話]世界絵本箱DVDセレクション かいじゅうたちのいるところ[全3話]
(2009/03/18)
キャロル・キング上條恒彦

商品詳細を見る


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





絶望した!バレンタインに絶望した!!

と、某週刊マンガ雑誌に登場する某先生みたく叫んでみましたが、

Yahoo!ニュースにてこんな記事が載っていました。

バレンタインデーに“告る”のは過去の風潮!?勝率は25.4%

まぁ、風潮・・・ですかね。

バレンタインは想いを伝える日という認識でしたが、いろんな想いがあるということです。

バレンタインか・・・

あんまいい思い出がねえな~ちくしょう(遠い目)

バレンタインに告白されたことなんてもちろんないです。

小5のとき知らない女の子からもらったことがありますが、

あの当時が人生で一番の“モテ期”だったな~(涙目)

あとは義理、義理、義理の波状攻撃です。

まぁ何が言いたいかというとだ・・・

知ったことか!(血の涙目)

ということだ。

セントバレンタインとお菓子業界に幸あらんことを・・・

この件とはまったく関連も関係もないですが、

ホームレス漫画家として知られる浜田ブリトニーさんが定住していたそうです。(↓Yahoo!ニュース)
“ホームレス漫画家”浜田ブリトニーが定住したことを発表 金髪ギャルメイクから一転、黒髪&袴姿も披露

どうでもいいわー!!

チャーリーとチョコレート工場 [Blu-ray]チャーリーとチョコレート工場 [Blu-ray]
(2009/04/08)
ヘレナ・ボナム=カータージョニー・デップ

商品詳細を見る


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





年上男性のプレゼント選び

今月末新年会と称して、

今月と来月の初めに誕生日を迎える上司と先輩のサプライズパーティを行う予定なのですが、

その誕生日プレゼントをなににしようかで悩んでいます。

お二人とも年齢は30代後半の独身男性なんですが、何をあげたらいいものやら・・・

ネクタイやトランクスといったお約束とか、一人鍋用の鍋とか、

ウケ狙い、ちょっとエッチ系とかいろいろ試行錯誤しています。

注文時期を考えるとそろそろ決めないとまずいです。

どうしたものやら・・・




↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





2週連続物産展で天丼

20100117134749
今日も物産展(笑)

今日は広島の天満屋で開催中の「全国うまいもの味くらべ」に来ています!

お昼ご飯は東京銀座「ハゲ天」の穴子海老天丼1050円です。

穴子がフレームからはみ出すほどのボリューム

他にも海老や鱚(キス)にサツマイモ、蓮根、オクラの天ぷらが入って盛り沢山です。
衣がさくさくして油っこくないので食べやすいです。一緒に付いてるおみそ汁も美味しかった~♪

他に穴子の代わりに海老を一本追加した海老天丼1050円もあります。


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





かいじゅうたちのいるところ

をこれから観てきます!

今日は2本コース。

かいじゅうたちのいるところのあとは「劇場版 マクロスF」です。

理由は何となく…
テレビ版も観てないんですが、衝動買いならぬ衝動鑑賞です。

まあそんなのもありかな~って


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





3D万歳 『アバター』を観る

『トイ・ストーリー3』の3Dなんて・・・
思ってましたが、3Dの予告を観たら好奇心をめちゃくちゃ刺激されました。
これからアクションやSFなどは3Dじゃないと物足りない時代になっていくんですかねぇ~

というわけで

「アバター」 字幕・3D

を観ました。

勝手に評価 ★★★★☆(4.5)

アバター  

観るのではない。そこにいるのだ。
もうひとつの体。もうひとつの運命。


→「アバター」の詳細記事

→「アバター」オフィシャルサイト

あらすじ↓(ネタバレを含むので見たい人はドラッグして反転させてください)
戦争で負傷し下半身不随となり車いす生活を余儀なくされた元海兵隊員のジェイク。ある時、彼は“アバター・プロジェクト”にスカウトされる。それは、地球から遥か彼方の衛星パンドラで、莫大な利益をもたらす希少な鉱物を採掘するための事業。そのために、人間に有害なパンドラの環境で活動できるよう先住民ナヴィと人間のDNAを掛け合わせた肉体“アバター”が造られていた。そしてジェイクに課せられた任務は、そのアバターに意識をリンクさせ、遠隔操縦によりパンドラで生活し、ナヴィ族との交流を図ること。アバターを介してついに身体の自由を得たジェイクは、さっそく神秘的なパンドラの森へと足を踏み入れ、やがてナヴィ族の美しい女性ネイティリと運命的な出会いを果たすのだが…。(allcinemaより抜粋)

記念すべき僕の3D初体験映画です。
なんちゃってメガネ男子なので、メガネの上に3Dメガネで大丈夫かな?と不安だったのですが、
さすがにメガネをかけている人のことも考慮されていて問題なく鑑賞できました。
ただ、ちょっと暗くなるのと、重いので鼻の頭が少し痛くなるのが難点ですね。
ですが、そんなことなんてどうでもよくなるほど映像がすごかったです

年末に鑑賞した『2012』の時も思いましたが、
映像技術はここまで進化したんだ~とため息をつくばかり。
もちろん素人目で観た感想なので、実際はもっとすごいのかもしれませんが、
とにかくキレイ、リアル、大迫力です。
それに3D効果が加わったもんだから臨場感も加わり、もう無敵ですよ。
と、年甲斐もなく少し興奮気味です。
多少出費してでもこの映画はやっぱり3Dで観るべきです。
製作サイドもおそらく3D用として作っている感がありますし。
ただ、3Dになったせいで多少ゴチャゴチャした部分があって観づらいシーンがいくつかありました。

基本ストーリーはベタベタの王道です。
ベタベタの王道が大好きという安上がりな性分なので問題ないですが、
ストーリーに関しては目新しさはあまりないです。
ラスト近くで興奮して(いい意味で)鳥肌が立った展開があったので僕的には満足です。
よくあるストーリー展開なので、“パクリ”とか言っている人もいますが・・・
悪く言えば“つめが甘い”ストーリーなので、
これが気になっちゃうとこの映画は半分ぐらいしか楽しめませんね。

ところどころでつめの甘さが目立つものの、3Dのおかげで全てOKですw
3Dは字幕版だと目が疲れるかも。
2Dだと魅力半減に近いものがあるので、ぜひ3Dで!!


アバターアバター
(2009/12/23)
サントラ

商品詳細を見る



↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





地デジ化準備中

現在、地デジ化に向けて部屋を模様替えとゆうより改造中です。

昨日の休みを利用して電気屋さんめぐりを実行。

時期的に安いと思い、早くても今週末に液晶テレビと、BDレコーダーを購入する予定です。

今回は家電芸人の品川庄司の品川さんに見習ってというわけではないですが(笑)

パナソニックで固めてみようかと思っています。

狙いはVIERA TH-L37G1(テレビ)と、DIGA DMR-BW870(BDレコーダー)

『価格.com』だと最安値がどちらも約10万円ですが、

こっちだとどちらも約13万円・・・

計26万円・・・

地方だとこんなもんなんでしょうか?

ある程度交渉はしてみようかとは思います。

話を戻して部屋の改造計画ですが、僕の部屋は何かと本が多いんです。

文庫、ハードカバー、雑誌、漫画 etc と、ごちゃごちゃ状態なのでまずその整理から。

本の整理って、ページを開くと読み始めちゃって終わりなので(笑)

その誘惑と戦いながら奮戦中です。

地デジ完全ガイド 2010年版―これ1冊でデジタル放送が丸わかり! (マキノ出版ムック)地デジ完全ガイド 2010年版―これ1冊でデジタル放送が丸わかり! (マキノ出版ムック)
(2009/12)
不明

商品詳細を見る


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





黒まぐろ丼

20100111134657
今日は広島三越で開催中の九州展に足を運んでいます。

お昼ご飯は黒まぐろ専門店「黒・紋」の黒まぐろ丼(1,260円)です。

トロっとしたまぐろと、
九州で作られた甘口醤油がよく合います。
まさに至福の時・・・
あっというまに完食です♪
今日はこれから本通りをぶらぶらしようと思います!


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





ピリ辛ふぉー

20100109204426
仕事帰り、アバターを観る前の腹ごしらえ。

最近よく行くアジアンカフェでタイ風チャーハンとピリ辛フォーのセット880円です。

フォー旨い♪


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





ついったーはじめました

前々から存在は知っていて、どういうものかは大まかに知っていたのですが、

生徒さんから質問されたことをきっかけに、

実際に「Twitter(ツイッター)」をはじめることにしました。

ツイッターとは、訳すと「小鳥のさえずり」

通称「つぶやきブログ」とも呼ばれているサービスです。

簡単な登録を済ませれば、だれでも無料で利用できるサービスで、

今なにをしているか、何を考えているか、

それこそ「お腹すいた」「眠い」「UFOを観た」などのつぶきを気軽に発信できます。

文字数制限は1かいの“つぶやき”で140字まで。

正直、どのように利用してよいのかはっきりわからないサービスのように感じますが、

結構多種多様な人が利用していて、オバマ大統領や鳩山首相、ガチャピンといった個人から、

NASAやアメリカ赤十字協会などといった団体も利用しているというから驚きです。

他の人のつぶやきにメッセージを送れたり、

「フォロー」という形で他の利用者を登録することでその人がなにを考え、つぶやいているかを知ることができるみたいです。

まだ始めたばかりなのでツイッターの魅力をお伝えしにくいですが、

気軽にできそうなのでいろいろ試したいと思います。



↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





ね、ねむい・・・

ここ最近1日3、4時間しか寝ていないせいか、睡魔が徒党を組んで攻め込んできています。

明日はいつもより遅くまで寝ていられるのでしっかり睡眠を取ろうかと。

美容にも悪いのでw

今日は行きつけ(?)のローソンに行って、水曜どうでしょうDVD第13弾を予約してきました。

発売は3月24日なのでだいぶ先ですが今から楽しみです。

あと、シネコンに行ってアバター(字幕・3D)の予約もしてきました。

明後日仕事帰りに行ってきます!



↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





『サマーウォーズ』がやっと発売だけど・・・

やっと「サマーウォーズ」のDVD・ブルーレイが発売されます。

サマーウォーズ [Blu-ray]サマーウォーズ [Blu-ray]
(2010/03/03)
神木隆之介桜庭ななみ

定価:10,290円
価格:7,542円(2,748円OFF)

商品詳細を見る


定価1万オーバー

DVDは定価5,040円で価格3,694円。

この値段の差は・・・

ブルーレイ版にはオリジナルアバター絵柄花札と、
サマーウォーズARTBOOKという名の背景画集などが付くらしいんですが、
ほしい人は少ないんじゃないかな。
そのせいで1万円になっているのならそれはもう・・・

現段階ではブルーレイのみの通常版はないみたいです。

DVDやブルーレイにこの手の特典は付き物ですが、これはちょっとやりすぎじゃありませんか?




↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





映画情報 『アバター』



12/23公開の「アバター」です。  

年末年始は忙しくて先送りにしてましたが、
ようやく今週観られそうです。

アバター 
アバター 

観るのではない。そこにいるのだ。
もうひとつの体。もうひとつの運命。

→「アバター」のオフィシャルサイト

「ターミネーター」「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督によるSFアクション大作です。
監督自らが開発に携わってきた3D技術などの最先端映像テクノロジーを、
存分に駆使した迫力の臨場感がウリです。
異星人が暮らす美しい星を舞台に、
資源を求めて侵略する人類の一員と、
先住民との板ばさみにあう青年の苦悩が壮大に描かれています。
主演は「ターミネーター4」のサム・ワーシントン。
共演にゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー。

「アバター」っていうのはネット上での仮想空間において、
自分の分身として表示させるキャラクターのこと。
観にいく映画館には3D設備があるので狙い目はそこですね。
プラス300円ですけど。
結構評判がよくて、3Dじゃないと意味がないみたいなんで・・・

原題:AVATAR
上映時間:162分
公開日:2009/12/23
監督・脚本:ジェームズ・キャメロン
撮影:マウロ・フィオーレ
音楽:ジェームズ・ホーナー
出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、
スティーヴン・ラング、ミシェル・ロドリゲス、ジョヴァンニ・リビシ、
ジョエル・デヴィッド・ムーア、CCH・パウンダー、ウェス・スティーディ、
ラズ・アロンソ 他



↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





楽しい音楽の時間 『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』を観る


「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」


を観ました。

勝手に評価 ★★★★☆(4.0)

のだめカンタービレ 最終楽章 前編 

→「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」の詳細記事
→「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」オフィシャルサイト

あらすじ↓(ネタバレを含むので見たい人はドラッグして反転させてください)
プラティニ国際音楽コンクールでみごと優勝に輝いた千秋は、かつてシュトレーゼマンも指揮を務めた“ルー・マルレ・オーケストラ”の常任指揮者となる。しかし、マルレ・オケを偵察した千秋は、まるで覇気のないオケの現状に愕然。近年資金不足のためにリハもままならず多くの団員が辞め、集客率も低下しているという、老舗のオケとは思えない散々な有様だった。一方、コンセルヴァトワール(音楽学校)の進級試験を控え、練習に励むのだめ。ある日、指揮者となった千秋から、定期公演でのチェレスタの演奏を頼まれ有頂天に。ところが、ひょんなことからその大役は孫Ruiのものに。落胆しながらも千秋を気遣い健気に振る舞うのだめ。そしてマルレ・オケは、準備不足のまま、ついに公演の日を迎えてしまう。(allcinemaより抜粋)

テレビドラマが、映画になるのは人気作品の王道になってきてますね。
今回の「のだめ」もその王道のど真ん中を突っ走っています。
前編は玉木宏さん演じる千秋がメインとなっています。

よくテレビドラマの劇場版は「テレビでいいじゃないか」とよく言われてしまいますが、
あの迫力のあるオーケストラのシーンはぜひ劇場のスクリーンで、音響で観て聴いていただきたい限り。
それだけでも一見一聴の価値ありって感じです。
テレビドラマのときも思いましたが、出演されている俳優さんが楽しんで演じているのが観て分かります。
映画でもその雰囲気そのままに楽しい雰囲気が楽しめました。

個人的にはもっと笑わせてほしかったかな。
テレビドラマで楽しませてくれた“笑い”は映画でも健在で、くすくすさせてもらえます。
これをもっとほしいと思うのは欲張りでしょうか。
のだめの妄想から産まれた“変態の森”は色々と衝撃的でした(笑)

やっぱり前・後編と分けたせいで前編がちょっと中途半端な感じがするのは否めません。
これはもう“そういうもの”として割り切るしかないですし、そういう作りですから。
エンドロール後に後編の予告が流れるので最後まで観ることをお勧めします。
その後編の予告を観ると上野樹里さんえんじる“のだめ”がメインとなるみたいです。
クラシックにほとんど縁のない僕ですが、
素直に「いい!」と感じられる楽しい音楽をぜひ劇場で聴いてください!

のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編
(2009/12/09)
のだめカンタービレ

商品詳細を見る


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





三が日終ー了ー


今日で正月休みも今日で終わり。

さっき田舎から帰ってきました。

のんびりできましたが、ちょっと肩がこりました。

環境が違うとやっぱりちょっと居心地が悪いです。

明日から通常授業に戻ります。

生徒さんに正月っぽいことをしてもらおうと思います。

あと、正月で増えた体重を減らさないと・・・・(笑)

お餅の魅力は驚異的です。



↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





信じるものは救われ・・・ 『THE 4TH KIND フォース・カインド』を観る


「THE 4TH KIND フォース・カインド」


を観ました。

この映画(?)を観ていて「そっち系!?」と思った人は少なくないんじゃないかな・・・

勝手に評価 ★★☆☆☆(2.0)

フォース・カインド 

→「THE 4TH KIND フォース・カインド」の詳細記事
→「THE 4TH KIND フォース・カインド」オフィシャルサイト

あらすじ↓(ネタバレを含むので見たい人はドラッグして反転させてください)
未解決の失踪事件が多発しているアラスカ州北部の町ノーム。そこでは、不眠症に苦しむ住民も数多くいた。2000年10月、心理学者のアビゲイル・タイラー博士は、不眠症の原因を探るため、患者に催眠療法を行い、その様子をカメラに記録するのだったが…。(allcinemaより抜粋)

物語は本物のタイラー博士が出演している実際の映像っぽいものと、
ミラ・ジョヴォヴィッチさんがタイラー博士を演じる再現VTRの2つで構成されています。
ドキュメンタリーっぽくすることで物語に現実味を加えて、
観客に『信じるか信じないかはあなた次第』と、
ハローバイバイの関さんみたいなことをうたっているわけですが・・・

うーん・・・
いいか悪いか、面白いか面白くないかを別として、観終わると“しこり”が残る結果になりました。
僕みたいな都市伝説とかが好きな人にはそれなりに楽しめると思いますが、
変にドキュメンタリーっぽく作ったせいで、肝心なところはお茶を濁していて、
結果、結末もお茶を濁して終わるという・・・テレビでよくある超常現象番組みたいになっていました。
これを映画と位置づけしてもいいものかどうか疑問です。

ちょっとネタばれすると『宇宙人ネタ』の映画です。
アメリカの人はこの手の話が好きなんでしょうねえ。
この手の話は真っ先に「Xファイル」が頭をよぎりますが、それに比べると・・・
一番問題なのは一番ショッキングなシーンを予告やCMで流しちゃっている点。
他はちょっと音とかで驚かされるぐらいで、ほとんど怖さはありませんでした。
CMのお嬢さん方は何にあんなに怯えていたのか・・・

怖いといえば、本物のタイラー博士を演じた(?)女性のやつれっぷりが怖い。
事件によって受けた身体と精神のダメージによって事件前の彼女と、
事件後インタビューを受ける彼女のギャップが不気味で怖い。
あのタイラー博士のうつろな表情がすごく印象に残っています。

もっと怖いものを想像していただけに、ちょっと肩すかしでした。
しかも予想外な宇宙的な内容だったのでしばらくポカーンとしてしまいました。
観る人によって捉え方が大きく違う映画です。
この映画の内容が事実に基づいているかどうかは言及されていませんが、
どうしても気になる人はWikipediaで「フォース・カインド」を調べてみてください。
「宣伝」のところを読むとなんとなくわかりますよ。


オリジナル・サウンドトラック『The 4th Kind(原題)』オリジナル・サウンドトラック『The 4th Kind(原題)』
(2009/12/23)
サントラ

商品詳細を見る


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます!

今年もよろしくおねがいします!

今日は朝から初詣に出かけてから、家でゴロゴロしてました。

田舎だからすることないんですよね・・・

テレビ見たり、本を読んだり、昼寝したり。

久しぶりにのんびりしています。

ただ食っちゃ寝にならないようには気をつけています。

さすがにちょっと退屈してきました。

ちょっと時間を無駄に使いがちです。

もっと色々持ってくればよかったです。



↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
プロフィール

ジュン

Author:ジュン
パソコンインストラクターやってます。
いつも前向きな気持ちで日々精進!!

→マイプロフ

最近の記事
映画生活
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PING送信
RSSフィード
リンク
あし@
edita
edita.jp【エディタ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。