足の向くまま、気の向くまま がんばらずに前を向いて歩こう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





映画 『オカンの嫁入り』を観ました

「オカンの嫁入り」

を観ました。



勝手に評価 ★★★★☆(4.5) 

オカンの嫁入り

→「オカンの嫁入り」のオフィシャルサイト


あらすじ↓(ネタバレを含むので見たい人はドラッグして反転させてください)
父の顔を知らずに生まれた月子は、母の陽子と2人で支え合って生きてきた。そんなある日、酔っぱらって真夜中に若い金髪の男・研二を連れてご帰宅した陽子。なんと翌朝、月子に“この人と結婚します”と言い放つ。あまりの唐突な母の行動に月子の不満は爆発、勢い余って家を飛び出してしまう。家族同然の付き合いをしている大家のサクや陽子の上司・村上は、そんな月子をなだめようとするのだったが…。。(allcinemaより参照)

2010/09/04公開
監督・脚本:呉美保 原作:咲乃月音 『さくら色~オカンの嫁入り』
出演:宮崎あおい、大竹しのぶ、桐谷健太、絵沢萠子、國村隼、
    林泰文、斎藤洋介、春やすこ、たくませいこ、友近、綾田俊樹 他

今回のあらすじ~
宮崎あおいさん演じる月子が夜寝ていると、
ベロベロに酔っ払った大竹しのぶさん演じる月子の母、陽子が帰ってきます。
そしてお土産に持って帰ってきたのは若い金髪兄ちゃん(桐谷健太さん)
混乱する月子をよそに、寝てしまう陽子と金髪兄ちゃん。
一夜明け、陽子は月子に金髪兄ちゃんと結婚すると言いだして、
当然寝耳に水な月子は大反対で・・・
というお話。

原作は第3回ラブストーリー大賞でニフティ/ココログ賞を受賞した同名小説。
監督は「酒井家のしあわせ」の呉美保さん。

物語はホッとするほのぼのホームドラマ。
派手さはなく、舞台も一つの町、一つの家がメインなので、
純粋に物語と、役者の演技を楽しむことができます。

なんといっても大竹しのぶさんの存在感。
飄々として明るいながらも、どこか思いつめたような感のある母親という役柄。
とても番宣で出てた「食わず嫌い王」にて、
圧巻の最弱王っぷりを見せつけた方とは思えない女優っぷりでした。
この方は基本可愛らしいんですけど、いざ演技に入るとガラッと印象が変わるからすごい。

もちろん宮崎あおいさんの眉間にシワを寄せたときの可愛さや、
桐谷健太さんの憎めない重い過去を物ともしないヘラヘラした演技。
月子陽子を優しく見守る國村隼さんと絵沢萠子さんも素晴らしい。

何がいいって映画の終わり方がいい。
番宣や予告でも隠してないのでネタバレすると、
陽子は余命いくばくもない病を患っています。
この手の映画は大体が「陽子の死」で終わるところを、
幸せなところでフェードアウトするのが個人的に◎

ほっこりさせてもらいました。
ラストの月子と白無垢姿の陽子とのシーンはホロリとなりました。

割とオススメ75点



↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





スポンサーサイト

映画情報 『花のあと』

03/13公開の「花のあと」です。 

花のあと 

最後の恋
最初の愛


「花のあと」のオフィシャルサイト

藤沢周平先生の短編小説を映画化。
架空の藩「海坂藩」を舞台に、
北川景子さん演じる男にも劣らぬ剣の使い手で凛とした女性が主人公の時代劇です。

共演は甲本雅裕さん、宮尾俊太郎さん、市川亀治郎さん。
監督は「青い鳥」の中西健二監督。

予告で観ることができる、剣を振るう北川景子さんの姿は本当に「凛々しい」という言葉がぴったり。

  
上映時間:107分
公開日:2010/03/13
監督:中西健二
原作:藤沢周平
脚本:長谷川康夫、飯田健三郎
撮影:喜久村徳章
音楽:武部聡志
主題歌:一青窈 『花のあと』
出演:北川景子、甲本雅裕、宮尾俊太郎、相築あきこ、佐藤めぐみ、
市川亀治郎、伊藤歩、柄本明、國村隼 他

冬めく / 花のあと (初回生産限定盤)冬めく / 花のあと (初回生産限定盤)
(2010/02/24)
一青窈

商品詳細を見る


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





映画情報 『時を書ける少女(2010)』

03/13公開の「時をかける少女」です。 

時をかける少女2010 

あなたに、会いにいく。
記憶は消えても、
この想いは消えない。
時を超えて、
今、新たな物語がはじまる。


→「時をかける少女」主題歌情報
→「時をかける少女」のオフィシャルサイト

筒井康隆先生の名作SF小説を、
2006年に公開されたアニメ版「時をかける少女」で、
ヒロインの声を担当した仲里依紗さん主演で実写映画化した青春ファンタジーです。
今回はお母さんに頼まれて、お母さんの初恋相手をさがすため、
ヒロインである仲里さんが昭和70年代にタイム・リープします。
共演は母親の初恋相手に中尾明慶さん。
ヒロインのお母さんに安田成美さん。
監督は今作が長編デビューとなる谷口正晃監督。

最初に「時かけ」が映画になったのは1983年の大林宣彦監督作。
その後1997年に角川春樹監督によって再び実写映画化され、
2006年に細田守監督によってアニメーション映画になって、
今回が映画4作目。
ストーリーは違えど、同じ作品が何度も映画化されるのは珍しいですね。
ちなみに僕の一番お気に入りは細田監督のアニメ版。
自分の中では日本のアニメーション映画で「これは!」ってのがあんまりなかったんですが、
この「時をかける少女」とその後同じスタッフで製作された「サマーウォーズ」も含めて、
「アニメだから遠慮しとこう」という妄言を見事に打ち砕いてくれました。
今作はアニメじゃないですが、今月で注目している作品の一つです。

  
上映時間:122分
公開日:2010/03/13
監督:谷口正晃
原作:筒井康隆
脚本:菅野友恵
撮影:上野彰吾
音楽:舩木愛子
主題歌:いきものがかり 『ノスタルジア』 挿入歌『時をかける少女』
出演:仲里依紗、中尾明慶、安田成美、勝村政信、石丸幹二、
青木崇高、石橋杏奈、千代将太、柄本時生、キタキマユ、松下優也 他

ノスタルジアノスタルジア
(2010/03/10)
いきものがかり

商品詳細を見る


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





こいこいで号泣

3月3日に「サマーウォーズ」のブルーレイディスクが届いたので、

一昨日、昨日と連日夜通し観てます。

おかげで寝不足気味・・・

 

サマーウォーズ [Blu-ray]サマーウォーズ [Blu-ray]
(2010/03/03)
神木隆之介桜庭ななみ

商品詳細を見る

 


 いや~やっぱいい!

特に「こいこい」のシーンはある意味ベタな展開ですが、

号泣ですよ。

なんど観ても泣けてしまいます。

へたに先の展開を知っているだけに、

そのシーンが近づくと自然とウルウルしてしまいます。

あまり映画では泣かないほうなんですけど、

「サマーウォーズ」のこのシーンだけは思いっきりツボに入ってます。

アニメの「泣ける」「泣かせよう」というシーンに弱いです。

フランダースの犬なんて泣きすぎて軽い 気持ちでは観られません。

ブルーレイ版には劇中のキャラクターが入った花札が付いてますがもったいなくて使えない・・・

レンタルでもいいのでぜひ観てみてください!

 

サマーウォーズ オリジナル・サウンドトラックサマーウォーズ オリジナル・サウンドトラック
(2009/07/29)
松本晃彦

商品詳細を見る

 



↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





映画情報 『シャーロック・ホームズ』

03/12公開の「シャーロック・ホームズ」です。 

シャーロック・ホームズ シャーロック・ホームズ

最強の頭脳。最強のコンビ。最強の事件。

僕にとって「シャーロック・ホームズ」はバージョンです。

→「シャーロック・ホームズ」のオフィシャルサイト


シャーロック・ホームズをワイルドに描いたミステリー・アドベンチャーです。
おなじみの相棒のワトソン君と殺人鬼の陰謀に立ち向かうアクション満載ということで、
一風変わったホームズが楽しめそうです。
出演は“ホームズ”に「アイアンマン」のロバート・ダウニー・Jr
“ワトソン”に「コールド・マウンテン」のジュード・ロウ
ちなみにジュード・ロウさんはポークソテーが嫌いだそうです(この間やってた食わず嫌いより)
監督は「スナッチ」のガイ・リッチー

十中八九観にいきます。
予告も面白そうでしたし、
推理物というよりは、アクション物っぽいので今から楽しみです。
冒頭でも書きましたが、シャーロック・ホームズというと、一番印象に残っているのは
昔アニメ(再放送)でやっていた登場人物が全員犬の「名探偵ホームズ」です。
ちょっと抜けてるモリアーティ教授一味とのドタバタが楽しかったのを覚えています。

原題:SHERLOCK HOLMES
上映時間:129分
公開日:2010/03/12
監督:ガイ・リッチー
原案:ライオネル・ウィグラム、マイケル・ロバート・ジョンソン
脚本:マイケル・ロバートジョンソン、アンソニー・ペッカム、
サイモン・キンバーグ
撮影:フィリップ・ルースロ
音楽:ハンス・ジマー
出演:ロバート・ダウニー・Jr、ジュード・ロウ、
レイチェル・マクアダムス、マーク・ストロング 他

シャーロック・ホームズ オリジナル・サウンドトラックシャーロック・ホームズ オリジナル・サウンドトラック
(2010/03/03)
サントラ

商品詳細を見る


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
カテゴリー
プロフィール

ジュン

Author:ジュン
パソコンインストラクターやってます。
いつも前向きな気持ちで日々精進!!

→マイプロフ

最近の記事
映画生活
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PING送信
RSSフィード
リンク
あし@
edita
edita.jp【エディタ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。