足の向くまま、気の向くまま がんばらずに前を向いて歩こう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





映画『岳 -ガク-』を観ました

皆さんおはこんばんちはわーい(嬉しい顔)

ひっさしぶりの映画レビューです。

ちーっとばかし肉体的にも精神的にも病んでたもので、映画も1ヶ月ほど観てませんでした。

「それぐらいが普通だ手(パー)」っていうツッコミはスルーしますー(長音記号2)(笑)

今日の広島はあいにくの雨模様雨

雨は嫌いじゃないですが、こう激しいと気が滅入ります・・・もうやだ~(悲しい顔)

こんなときにはパーッとなにかしたいですねるんるん

パッーっと甘いものでもぴかぴか(新しい)ショートケーキぴかぴか(新しい)

フォト

2011/05/07公開
監督:片山修
原作:石塚真一 『岳 -ガク-』
脚本:吉田智子
音楽:佐藤直紀
主題歌:コブクロ 『あの太陽が、この世界を照らし続けるように。』
出演:小栗旬、長澤まさみ、佐々木蔵之介、石田卓也、矢柴俊博、
    やべきょうすけ、浜田学、鈴之助、尾上寛之、波岡一喜、森廉、
    ベンガル、宇梶剛士、小林海人、光石研、中越典子、石黒賢、
    市毛良枝、渡部篤郎 他

荒っぽいあらすじ~るんるん
雄大な北アルプスを守る北部警察署山岳救助隊に配属された椎名久美(長澤まさみ)。そして山と共に生き、山そのものと称される“山バカ”こと島崎 三歩(小栗旬)。久美が配属された初日に登山者がクレバスに落ちる遭難が発生。一刻を争う状況にもかかわらず救助ヘリが別件でいない中、山岳救助ボラン ティアの三歩が救助に向かう・・・
というお話。

石塚真一先生の人気コミックを実写映画化。
監督は「バーテンダー」「エンゼルバンク 転職代理人」など数多くのTVドラマの演出を手がける片山修さん。
ちなみに原作コミックは読んだことがありません・・・冷や汗

正直なところ「登山」にどうしてこれだけの人が魅了されるのかよくわかんないです。
映画とは関係ないですが「どうして山にのぼるんですか?」「そこに山があるからウッシッシぴかぴか(新しい)」って言われても・・・って感じです(笑)
確かに山を登り切った達成感は気持ちがいいことは知ってるんですが、
絶壁や雪山とか自分の命を失うリスクや他人に迷惑をかけるリスクを冒してまで登る必要があるのかと・・・たらーっ(汗)

ちょっと脱線しちゃいましたね。
とてもわかりやすい作品でした指でOK
悪く言えば「先が見える」展開なんですが、だからこそ話に集中できますし、
大スクリーンで雄大な北アルプスの山々を堪能できます。
イメージで言うと『海猿(山版)』って感じです。

映画では長澤さん演じる新米救助隊員の成長と、
山と共に生きる小栗さん演じる三歩の活躍の2本柱で構成されています。
ちょっとご都合主義というか予定調和が目立ったかな?
映画なんだから仕方がないんですが、もうちょっと崩してほしかったところはあります。

今回の小栗さんの役どころはあんまり見たことがない陽気で明るい青年。
最初ちょっと違和感があったんですが、しだいに慣れてしっかり「三歩」でした
佐々木蔵之介さんや、渡部篤郎さん、市毛良枝さんといった主演の脇を固めるベテラン陣の方々もいい味出してました。

テンポがよく、いい意味で単純なのであっという間に2時間が過ぎました。
山の厳しさも同時に描かれているので、これを観て「そうだexclamation山に登ろうexclamation ×2」とは思いませんが、「山もいいかな?」って気になりました。
うまくまとまっていて後味すっきりな温かい映画。
久しぶりの映画がこれで良かったです。

久しぶりに弥山でも登ろうかな~るんるん

75点


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





スポンサーサイト

映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を観ました


って言っても1ヶ月前に観たんですが、一つづつ片付けていこうかとウッシッシ

ちなみに今日は仕事帰りに『相棒』観てきまするんるん

「最後の忠臣蔵」も観たいし「トロン」も観たいし

観たい映画が溜まってますふらふら

今年もたくさん観るぞっとぴかぴか(新しい)



SPACE BATTLESHIP ヤマト

http://yamato-movie.net/index.html

2010/12/01公開
監督:山崎貴
原作:西崎義展
脚本:佐藤嗣麻子
音楽:佐藤直紀
主題歌:スティーヴン・タイラー 『LOVE LIVES』
出演:木村拓哉、黒木メイサ、柳葉敏郎、緒形直人、西田敏行、高島礼子、堤真一、
    橋爪功、池内博之、マイコ、矢柴俊博、波岡一喜、三浦貴大、斉藤工、山崎努 他



今回のあらすじ~るんるん
正体不明の敵“ガミラス”によって滅亡の危機に瀕している人類。
ガミラスの手により放射能で汚染された地表を浄化するため、
はるか14万8千光年先にあるという「イスカンダル」へ宇宙戦艦ヤマトが発進するというお話。

日本で一番有名なアニメと言っても過言じゃない「宇宙戦艦ヤマト」の実写版です。

僕自身、リアルタイムで見たことはありませんが、大まかなストーリーは分かります。
なんか「ヤマトの諸君」とか言う顔色の悪い人と宇宙で戦う話ですよね?

デスラーワイン



違うかふらふら



世代じゃないにしても、ヤマトが発進するシーンや、
波動砲が発射されるシーンはなんかこうグッとくるものがあります。
なんかこう「血沸き肉踊る衝撃」じゃないけど、「うぉぉぉぉぉぉexclamation」(心の声)みたいなのが。

面白いよ?面白いんだけど、なんだかなぁってのが多かった。
もう公開してしばらくたってますから少しネタバレすると・・・

デスラー総統出てきませんexclamation ×2

というより・・・・・・バッド(下向き矢印)な感じなんです。
このへんは原作と忠実にして欲しかったけど、なんか思惑があるのかな?
いいじゃん人対人で、と思う。
まぁ、金髪青顔が実写だったら違和感があったのかもしれないたらーっ(汗)

あとキムタクは、よくも悪くもキムタクでしたあせあせ
観てて「HERO?」って錯覚してしまいました。かっこよかったけどぴかぴか(新しい)
キスシーンのタイミングは賛否両論あると思う。
僕も観てて「そこでexclamation & question」というところでした。

VFXは見ごたえあります。これが観られただけでも良かったかな?
と、思うようにしよう!

次は「ガンダム」あたりを実写化されそうでちょっと怖いげっそり

血沸き肉踊ったんで60点


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





初夢に乾杯

今日から初仕事&初授業ぴかぴか(新しい)

生徒さんに新年のごあいさつからの授業ウッシッシ

今年は幸か不幸か一週間お休みがあったので、久しぶりの授業は変な感じでするんるん

テンション120%増exclamationグッド(上向き矢印)(当社比)

いつもは物静かな僕なので生徒さんもびっくり・・・してませんねきっと。

普段物静かじゃないですからexclamation 残念exclamation ×2




波田陽区 



・・・・・・(´・ω・`)






どうよ?この時期に波田陽区を持ってくるセンスぴかぴか(新しい)



それはさておき、昨晩ようやく初夢を見ることができましたウッシッシ

もしかしたらそれ以前に見たのかもしれませんが、覚えてるのは今日が初。

内容は



つるべ師匠 
(僕の手じゃないです)

鶴瓶師匠と「家族に乾杯」in どっかそのへん



「家族に乾杯」をご覧になったことがない方に補足説明をすると、

NHKで放送中の番組で、鶴瓶さんとゲストが毎回色んな地方に行って、

地域の方達と触れ合うバラエティ番組のこと。


これは縁起がいいのかな・・・?

富士も鷹もなすびも出んかったけど。

しかも行った場所がよく分かんないしあせあせ(飛び散る汗)

しかも途中モンスターエンジン(神ver)出てくるしあせあせ(飛び散る汗)

神々

「私だ・・・」ができなかったのが心残り泣き顔(なのか?)

その後なぜかぼくの家で鍋やろうって話になったことで目が覚めました。



正夢に・・・なんねぇなexclamation ×2


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





戦場のメリークリスマス

世間一般的には昨日と一昨日はクリマスっぽい感じだったらしいと耳にしましたが、

皆さんいかが過ごされました?ぴかぴか(新しい)

イブもクリスマスもガッツリ仕事だったんですが、

イブの夜は実家に寄り道して落合シェフ監修のケーキを強奪したので割と満足です指でOK

空になった皿を持った父さんが涙目だったのは全力でスルーします。

ケーキ

残念だったのはボイスでもつぶやきましたが、枕元にプレゼントがなかったんですよ泣き顔

おかしーなーと思ってたら原因が分かりました。







やっちゃった

からの







御用



イブの夜は警察署で一晩明かしたようです。




あ、それとすごい噂を聞いたんですが、

来週はもう新年だって本当ですか?

まさか嘘ですよね~ウッシッシ


↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





映画「ハリーポッターと死の秘宝 PART1」を観ました

「ハリーポッターと死の秘宝 Part1」

を観ました。

ハリポタ観に行ったとき、パンフや前売り券を売ってるカウンターでのこと。

一人の大きいお兄さんが、よく貴重品やお宝を触るときに使うような白手袋をはめて、

プリキュアのパンフを1冊ずつ中島誠之助さん顔負けの眼光で丁寧に吟味した上、

ざっと数えて20冊ぐらい買って行かはりました。

その後僕が、レジの人に「すごい人がいますね」と言ったときの

お姉さんの満面の笑顔が印象的でした・・・とかなんとかありましたが僕は今日も元気です。

「保存用、観賞用、布教用」ってのは聞くけど・・・

まぁ多分オークションとかで売りさばくんでしょうね。


ハリーポッターと死の秘宝 PART1

→「ハリーポッターと死の秘宝 Part1」のオフィシャルサイト

2010/11/19公開
監督:デヴィッド・イェーツ
原作:J・K・ローリング
脚本:スティーヴ・クローヴス
出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン 他



今回のあらすじ~るんるん
大きな心の支えを失ったハリーたち。
着々と勢力を拡大させていくヴォルデモート陣営。
闇の帝王ヴォルデモート卿の不死の秘密である「分霊箱」を捜すため、
ハリー、ロン、ハーマイオニーは旅立つのだが・・・というお話。

ハリー・ポッターシリーズの映画版もすでに7作目。
時が経つのは早いなーぴかぴか(新しい)と、
1作目からのポスターを並べて展示してあるのを見て思ったり。
「賢者の石」ではかわいい子供たちだったのに、今はもう・・・げっそり
とかなんとか思ったりしつつ鑑賞しました。

過去から未来へ・・・

こりゃ完全に子供向けファンタジーじゃないなぁあせあせ
内容が内容なだけにダーク。
映像も、内容もダーク。
ジャンルはダークミステリーです。いつからこうなったっけ・・・

自分の中ではハリー・ポッターシリーズは、
「1作目から観てるから惰性で観てる」感じになってます。
今作が最終章で、その前半。
パート1を観終わって最初に思ったのが、

「パート2でちゃんと終わるの?冷や汗

原作読んでる人はあらすじを知ってるでしょうけど、
ほんとに決着つくの?って感じです。
まさにこれからexclamationってところで終わるので、
PART1を観た人はPART2を観たくなるずるい終わり方(当たり前か)

見ごたえは十分、内容は前作よりもわかりやすいかな?
セリフで横文字のキャラ名がバンバンでるので予習していくと混するかもですあせあせ(飛び散る汗)
ありそうでなかったハリーとハーマイオニーのロマンスハートっぽいのあったり、
ハリーとロンのケンカがあったり、
ハリーのブラジャー姿もあったり・・・Σ( ̄ロ ̄lll)exclamation & question

今までは誰かの教えや導きがあったのが、
自分たちの力や判断で行動するハリーたちがメインになっています。

映像はキレイ。安定感もあります。
観て損はないと思う。
というかパート2が早く観たいexclamationラストが知りたいexclamation ×2
って思ってる時点でまんまとやられちゃってますねウッシッシ

75点



↓ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックしていただけると元気になります♪
にほんブログ村 映画ブログへ映画ブログに参加しています





カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
プロフィール

ジュン

Author:ジュン
パソコンインストラクターやってます。
いつも前向きな気持ちで日々精進!!

→マイプロフ

最近の記事
映画生活
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

PING送信
RSSフィード
リンク
あし@
edita
edita.jp【エディタ】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。